病名・症状から探す

子どもに多い病気の一つ、尿路感染症の治療法とは?

尿は腎臓で作られ、膀胱や尿道、尿管を通って体外に排出されていきます。この尿の通り道に炎症が生じたものが尿路感染症です。尿路感染症は、大人よりも子どもに多く見られる病気の一つです。今回は、子どもの尿路感染症の治療法について解説します。

尿路感染症とは

尿路感染症とは、尿の通り道である腎臓や尿管、膀胱、尿道に起こる感染症です。炎症の起こる部分によって、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などに分類されます。尿路感染症は、年齢に関わらず誰にでも起こり得る病気ですが、中でも子どもや高齢者は特にかかりやすいといわれています。

子どもの尿路感染症の症状は以下の通りです。
□発熱
□おなかや背中に痛みを感じる
□排尿時に痛みを感じる
□血尿が出る
□尿の臭いが普段と違う
□不機嫌になる
□(赤ちゃんの場合)おっぱいをあまり飲まない
この中でも特に多く見られる症状が発熱です。特に、生後半年頃までの赤ちゃんは、お母さんの免疫力によって守られており風邪などで高熱を出すことはほとんどありません。そのため、もし生後半年以内に赤ちゃんが高熱を出した場合は尿路感染症の可能性があります。

尿路感染症の原因

尿路感染症の原因は、主に大腸菌などの細菌の感染です。乳幼児期の子どもの場合、汚れたままのおむつを長時間変えずにいると、うんちの中にいる大腸菌が尿道の入り口から侵入し、尿路を遡って感染症を引き起こします。大腸菌などの細菌以外にも、ウイルスや寄生虫、真菌の感染も尿路感染症の原因となることもあります。

また、子どもの尿路感染症の場合、先天性の泌尿器系の疾患が疑われることもあります。例えば、尿が尿道から膀胱の方に逆流する膀胱尿管逆流症や、尿が腎臓に溜まる水腎症などが考えられます。これらの疾患があると、尿によって洗い流されるはずの菌が排泄されずに体内に溜まり、尿路感染症が起こりやすくなります。

尿路感染症の治療方法

尿路感染症は細菌などの感染によって起こることが多いので、抗生物質や抗菌薬などの薬を服用して治療を行います。基本的には経口投与ですが、症状が重い場合や新生児には注射によって抗生物質を投与することもあります。薬を服用する期間は症状によって異なりますが、一般的には一週間前後です。

ここで注意しなければならないのは、尿路感染症を風邪と間違えてしまうことです。発熱を風邪によるものと勘違いし、尿検査を行わないまま抗生物質を服用しても、熱は下がるものの根本的な原因が解決できず尿路感染症を繰り返してしまうこともあります。

尿路感染症になったら、薬の服用と同時に、水分をしっかりと摂って排尿を促進することも大切です。尿をたくさん出すことによって、尿路感染症の原因菌が洗い流されます。

<まとめ>
尿路感染症は子どもがかかりやすい病気の一つです。発熱があった場合は尿路感染症の可能性も考えられるので、すぐに小児科を受診して検査してもらいましょう。もし尿路感染症になったら、抗生物質を投与してもらい、水分補給をしながら安静に過ごしましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事