病名・症名から探す

2016/11/29

腫瘍の部位によって異なるクッシング症候群の治療法とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

腫瘍の部位によって異なるクッシング症候群の治療法とは?

副腎皮質ステロイドホルモンの1つである「コルチゾール」というホルモンが過剰に分泌されることによって、満月様顔貌や中心性肥満などの症状がみられる クッシング症候群。腫瘍が出来る場所は副腎・下垂体に限りません。それぞれどのような治療方法があるのでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加