病名・症状から探す

子どもに多い扁桃腺炎の原因と症状

小さな子どもは高熱を出すことがしばしばあります。特に扁桃腺が腫れることが多く、繰り返すこともあります。今回は、子どもが発症する「扁桃腺炎」の原因と症状について解説します。

扁桃腺とは?

扁桃腺は、のどの入口の両脇にある、そら豆程度の大きさの楕円形をしており、口から侵入するウイルスや細菌を防御する働きをしています。一般的に「扁桃腺」と言われていますが、何かを分泌する腺はないので、医学的には「扁桃」と言われています。

扁桃腺炎の原因とは?

唾液を飲み込むだけでも喉が痛かったり、38度以上の高熱が出たりする扁桃腺炎が子どもに多い原因は何でしょうか?

アデノウイルスなどのウイルスやインフルエンザ菌のような細菌が扁桃腺に付着し、赤く腫れて炎症を起こすことで扁桃腺炎を発症します。扁桃腺には病原菌から身体を守る免疫機能が備わっているので、この機能が正常に働いているときには病原菌が付着しても増殖することはないのですが、疲労やストレスで免疫力が弱くなっていたり、身体がまだ十分に発達していない子どもの場合は、扁桃腺炎を発症しやすいです。

扁桃腺炎を発症するウイルスには、アデノウイルスの他に単純ヘルペスウイルス、EBウイルス、エンテロウイルスがあり、細菌にはインフルエンザ菌の他に溶連菌、肺炎球菌などがあります。

扁桃腺炎の症状とは?

扁桃腺炎の症状には様々なものがあります。自分の症状をきちんと言葉にできない小さなお子さんをお持ちの方は、どんな症状があるのかしっかりと把握しておきましょう。

主な症状は、のどの痛み、38度以上の高熱、関節痛や頭痛、首のリンパ腺の腫れなどがあります。のどの痛みがひどくなると唾液でさえも飲み込めず、何も食べられないつらい状態になります。食事や水分が十分に摂れていないと、脱水症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。また、扁桃腺の腫れがひどくなると扁桃腺全体が白い膿に覆われてしまうこともあります。

さらに扁桃腺炎が悪化すると、中耳炎になる場合もあります。小さい子どもは中耳炎が原因で耳を痛がり、機嫌が悪くなることもあります。

高熱やのどの痛みをただの風邪だと見過ごしてしまうと、症状が悪化し、大変なことになる場合もあります。日ごろからお子さんの様子をよく観察し、小さな変化も見逃さないことが大切です。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事