病名・症状から探す

子どもに多い手足口病の原因・症状・予防法

子どもに多い手足口病は、その名の通り手・足・口に発疹が出る夏風邪の一種です。今回は手足口病の原因と主な症状、そして予防法について解説します。手足口病はヘルパンギーナと症状が似ていますが、両者の見分け方も確認しておきましょう。

子どもに多い手足口病の原因と主な症状

手足口病は、5歳以下の乳幼児に多い夏風邪の一種です。コクサッキーウイルス群や、エンテロウイルス群が主な原因となります。

□手足口病の主な症状
大きな特徴は、口の中・手の平・足の裏などに出る水疱状の発疹です。流行するウイルスの型によっては、全身に発疹が広がることもあります。口の中の発疹に痛み・かゆみが出ることがありますが、手足の発疹には痛み・かゆみが出ないことが多いです。手足口病では発熱を伴わないことが多く、発熱しても大抵は微熱で済みます。子どもの場合重症化することは少ないですが、ごく稀に心筋炎・髄膜炎・急性脳炎などを併発することがあります。

手足口病とヘルパンギーナの見分け方

子どもに多い夏風邪として、手足口病の他にヘルパンギーナが有名です。手足口病と同様、ヘルパンギーナもエンテロウイルス群が原因で起こります。手足口病とヘルパンギーナには類似点が多いですが、発疹の出る部位などが異なります。

□手足口病とヘルパンギーナの違い
手足口病で高熱が出ることは稀ですが、ヘルパンギーナでは38.5℃以上の高熱が突然出ることが多いです。
ヘルパンギーナでは、口の中から喉にかけて痛みを伴う水疱・潰瘍が発生します。手足口病では頬の粘膜や舌先に口内炎のような発疹が出ることが多いですが、ヘルパンギーナでは喉の奥に水疱ができることが多いです。
また、ヘルパンギーナでは手足に発疹が出ることはありません。

日ごろの生活習慣に注意して、手足口病を予防

手足口病には、ワクチンや特効薬がありません。手足口病の原因となるコクサッキーウイルス群やエンテロウイルス群はあらゆる場所に存在します。

□集団生活で感染しやすい
ウイルスの主な感染経路は、飛沫感染・接触感染・糞口感染です。幼稚園・保育園などの集団生活で感染しやすいほか、子どもを看病している親にうつることもあります。大人が手足口病になると重症化することがあるので、十分注意しましょう。

□手足口病を予防するために
外出後・食事前などに、こまめに手洗い・うがいをしましょう。赤ちゃんが手足口病になった場合は、おむつ替え後の手洗いを必ず行いましょう。
ある程度年齢が高い子どもなら、マスクを着けるのも有効です。
家族間の感染を防ぐには、患者と必要以上に接触しないこと、食器やタオルの使い回しを避けることが重要です。
ウイルスに感染しても、十分な抵抗力があれば発症せずに済みます。日頃の生活リズムや栄養バランスに気を配り、抵抗力を落とさないようにしましょう。

手足口病は、コクサッキーウイルス群やエンテロウイルス群が原因で起こります。口の中に発疹が出るという点でヘルパンギーナと似ていますが、熱の上がり方や発疹が出る部位の違いなどで区別できます。手足口病にはワクチンや特効薬がなく、集団生活で感染しやすいので、こまめな手洗い・うがいやマスクの着用などでしっかり予防しましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事