病名・症状から探す

子どもに多い手足口病の治療法

手足口病とは、その名の通り、手足や口に発疹がでる病気です。特に赤ちゃんや子どもが感染しやすく、感染者の約9割が5歳以下だといわれています。今回は手足口病の治療法について解説します。

手足口病ってどんな病気?

手足口病は主に夏に流行し、子どもによく見られる病気の一種です。感染する原因は、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどのウイルスの感染です。これらのウイルスの感染経路は、空気中からの飛沫感染、排泄物中からの糞口感染、ウイルスに直接触れることによる接触感染などが知られており、子ども同士が集団生活をしている保育園や幼稚園での流行が多く見られます。

では、手足口病になるとどのような症状が現れるのでしょうか。感染してから数日間は発熱やのどの痛みなど、風邪のような症状が現れます。その後、身体の様々な場所に約2~3mmの水疱性の発疹が出ます。発疹が出る主な場所は以下の通りです。
・口の中や周り
・のどの奥
・手のひら
・足の裏
・ひざの裏
・足の付け根やおしり

口の中やのどに発疹が出ると、その痛みのため食欲不振になることや、水分補給も困難になって脱水症状になることもあります。また、ウイルスによって下痢や嘔吐などの症状が引き起こされることもあります。

手足口病に治療法はある?

それでは、もし子どもが手足口病にかかったらどのように治療するのでしょうか。実は、手足口病には「これを投与すれば治る」といった特効薬や特別な治療法はありません。そのため、症状に合わせた対処をしながら、安静にして自然に治るのを待つのが一般的です。たいていの場合は症状は1週間から10日で治まるといわれています。

手足口病の対処法

手足口病そのものを治す薬はありませんが、病院ではその症状に合わせた薬が処方されます。例えば、発疹によって痒みがある場合は抗ヒスタミン剤、発熱がある場合には解熱剤が処方されます。水疱が破れて細菌が感染している場合は抗生物質の軟膏を塗ることもあります。それ以外にも、口の中の水疱で食事や水分補給ができないときや、下痢によって脱水症状になるときには点滴を行うこともあります。

手足口病には特別な治療法はなく、自然に治る病気ですが、その症状に合わせて薬を処方してもらったり、水分や栄養分が摂れないときには点滴をしてもらえます。手足口病になったら、早めに小児科を受診しましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事