病名・症状から探す

溶連菌感染症の治療法と予防法

子どもが感染する病気の中でも溶連菌は感染力が強く、1人が感染すると一気に感染が拡大する場合があります。また、溶連菌に感染しても症状が現れない場合もあるため注意が必要です。今回は、溶連菌感染症の治療法と感染拡大を防ぐための行動について解説します。

受診する診療科目

溶連菌に感染後約2~5日の潜伏期間を経て、咽頭炎や扁桃炎などが起こります。溶連菌感染症の治療は、内科や小児科で対応できます。ただし、喉が激しく痛む場合など症状が重い場合は、耳鼻科での処置が必要になることがあります。まずは、主治医や近隣の医療機関に相談しましょう。

治療の流れ

溶連菌感染症の疑いが強い場合は、抗生物質が処方されます。抗生物質による効果により、だいたい2日ほどで諸症状が改善し始めることが多いようです。発症から約1週間後に手足の皮膚が剥がれることがあります。溶連菌感染症はアトピー性皮膚炎の悪化を招く恐れがあるため、注意が必要です。溶連菌を完全に排除するためには、10~14日は抗生物質を飲み続けなければなりません。ただし、抗生物質の種類により服用期間が異なります。途中で服用を中止すると再発し、急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症を起こす恐れがあります。急性糸球体腎炎とは、腎臓を構成する毛細血管の塊である糸球体がウイルスや細菌などにより炎症を起こした状態のことをいいます。血尿やタンパク尿、むくみ(浮腫)、高血圧などの症状が現れます。リウマチ熱は強い関節炎や高熱を起こし、治療を怠ると心臓に悪影響を及ぼすことがあります。

治療中の行動

溶連菌は唾液や鼻水に含まれるため、完治するまではマスクを着用して感染拡大を防ぎましょう。また、溶連菌が食品に付着し、それを感染していない人が食べると溶連菌に感染する場合があります。フォークやスプーン、取り皿などは使いまわさないよう注意が必要です。

また、溶連菌が皮膚に感染すると伝染性膿痂疹という状態に陥ります。皮膚にかゆみを伴う水疱が現れ、患部を掻いた爪で他の部位を描くと水疱が拡がります。伝染性膿痂疹は皮膚に触れるだけで感染するため、タオルは自分専用にし、人との接触を避ける必要があります。

<まとめ>
溶連菌感染は抗生物質で治療できます。医師の指示に従い、抗生物質の服用を続けましょう。途中で服用をやめると、再発や合併症を発症する原因になります。また、治療中は溶連菌の感染拡大を防ぐためにスプーンやフォーク、タオルなどの共有は避けましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事