病名・症状から探す

子どもによく起こるとびひ、原因や症状は?

とびひは子どもに多い皮膚病ですが、場合によっては大人にも感染する可能性があると言われています。とびひは何が原因で起こるのでしょうか。万が一とびひにかかった時にも慌てることがないように、とびひでよく見られる症状を知っておきましょう。

とびひとは?

“とびひ”という病名はよく知られていますが、これは通称で、伝染性膿痂疹(のうかしん)が正式な病名です。”膿痂疹”は、細菌に感染することにより黄色いかさぶたができる病気です。原因菌である黄色ブドウ球菌やA群β溶血性レンサ球菌(溶連菌)が接触により皮膚にうつり、あせもや湿疹、虫刺されなどでかゆみの出ている肌を引っ掻いてとびひが起こります。特に鼻の穴の辺りには様々な常在菌が存在しているため、鼻を触る癖がある子は鼻の周囲からとびひが発症することもあります。鼻の周辺を触った手であせもや湿疹などを触ることによりとびひになることもあります。

とびひには、水ぶくれができる水疱性膿痂疹と、分厚いかさぶたができる痂皮(ひか)性膿痂疹の2種類があります。子どもに多く見られるのは、前者の水疱性膿痂疹です。水疱性膿痂疹の場合、原因菌となるのは黄色ブドウ球菌です。この菌が作り出す表皮剥脱毒素が表皮の細胞と細胞をつなぐデスモグレイン1という構造物の一部を切断し、水疱を作ることによってとびひが発症します。水疱性膿痂疹は特に初夏から真夏にかけて起こりやすいので、注意が必要です。

大人によく見られるとびひは、A群β溶血性レンサ球菌が原因となることが多いですが、日本での発症は比較的少ないといわれています。しかし、夏に起こりやすい水疱性膿痂疹と異なり、1年を通して起こる可能性があるものなので、注意が必要です。

とびひの症状は?

水疱性膿痂疹は、”水疱性”とあるように水ぶくれが見られます。水ぶくれは、次第に水ぶくれの中に膿が入った状態である膿疱に変わります。水ぶくれや膿疱は簡単に破れるので、その中の膿が周りに触れることで徐々に広がっていきます。

痂皮性膿痂疹は、赤く腫れた部分に小さな膿疱ができてびらんとなり、厚いかさぶたができます。炎症が強いのが特徴で、痛みを伴うことも多く、発熱やリンパ節の腫れなどが起こることもあります。重症化すると、菌が作る発赤毒(エリスロジェニックトキシン)によって全身が真っ赤になってしまうことがあります。

<まとめ>
子どもだけでなく、大人にも感染の可能性があるとびひ。特に子どもは、虫にさされた部分を掻きむしることもありますし、おむつなどで蒸れて湿疹もできやすいので、汗をかきやすく、虫も多い暑い時期は特に注意しましょう。それ以外の時も、体は常に清潔にしてとびひを防ぎましょう。


2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事