病名・症名から探す

2016/11/29

子どもの吃音症(どもり)の原因について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どもの吃音症(どもり)の原因について

2~5歳の頃に「発達性吃音」と呼ばれる症状が出てくる事があります。この頃は言葉を覚えて話し始める頃です。幼児の5%の割合で発症し、男の子は女の子の3倍も多く発症するそうです。今回は、成長に従って自然に治るケースが多い「発達性吃音症」の原因について解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加