イベント・セミナー

正しい離乳食を広めたい!「離乳食アドバイザー養成講座」のレポート

第一回「離乳食アドバイザー養成講座」開講

現在の子育てファミリーは、離乳食について「作るのが負担、大変」「食べる量が少ない」など何らかの困りごとを抱えています。そんな現代だからこそ、乳児の生態を深く理解した上で、子育てファミリーに寄り添ったアドバイスが必要とされています。

そのような現代のニーズに対応して、11月26日に一般社団法人 母子栄養協会が第一回「離乳食アドバイザー養成講座」を開講しました。

受講生の中には関東近郊だけではなく、東北、四国、九州から、保育士や栄養士、学校教師、食育関連資格保持者など多くみられました。

受講理由は「保育園では離乳食の相談が多いので、アドバイスができたらいいと思った」と、実際の指導の参考に参加したという保育士や、「子どもが産まれて食育に興味が出たため」という母親まで様々。また受講後はこの受講を活かしたいという意気込みにあふれていました。

次回は妊産婦アドバイザー養成講座

母子栄養協会では、各種アドバイザー養成講座を通じて、母子栄養の専門家を育成することで、育児に悩む母親たちに寄り添う人を増やし、子どもたちの健やかな成長を応援する取り組みを行っていくとのこと。

次回は2017年1月26日(土)妊産婦アドバイザー養成講座、2月4日(土)幼児食アドバイザー講座があります。

参考サイト

PR TIMES

一般社団法人 母子栄養協会


2016/11/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部