調査・アンケート

2016/11/30

日経DUALが「自治体の子育て支援に関する調査」の結果を発表

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

日経DUALが「自治体の子育て支援に関する調査」の結果を発表

「保育園に入れるか」「子育てや教育費はどうか」を重点にした調査

11月24日に、日経DUALと日経新聞社が共同で「自治体の子育て支援に関する調査」を行ったことを発表しました。

この調査は、「保育園に入れるかどうか」「子育て・教育費」の2点を重視し、独自の指標に基づいてランキングにしたものです。

授賞式を12月に行う予定

今回行われた調査では、共働き世帯の視点を重視した面が色濃くなっており、たとえば定員の多い0歳児クラスに入園できるか、認可園に入園できなかった場合に東京都認証保育園に入園できるか、保育料はどれくらいか、保育料の助成はどうなっているかといった項目について「DUAL評価ポイント12」という指標を作成し、評価しています。

また、自治体が、保育所増設に対してどの程度力を入れているか、子育て支援策が多岐にわたって用意されているかなどの未来についての視点も取り入れたものとなっています。

それらを踏まえた結果として、最も子育てしやすい街は、東京都新宿区、東京都福生市、東京都港区が上位という結果になりました。

同社では、この結果を受けて表彰式を12月2日に行う予定で、そこで、今回上位に選ばれた自治体や配点の詳しい内容について発表する意向ということです。

表彰式は参加料無料となっており、表彰式だけでなく、シンポジウムとして、共働き世帯の育児の課題などについて考える機会を設けています。

参考サイト

日経DUAL


  • このエントリーをはてなブックマークに追加