妊娠後期と葉酸

妊娠中期以降も葉酸をサプリメントで摂るべき?

葉酸はビタミンB群の一種で、お腹の赤ちゃんの発育に欠かせない栄養素の一つです。妊娠中期になって葉酸の摂取が減ってきたことを心配するママに対し、医師や看護師さんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

プレママからの相談:「妊娠中期以降も葉酸サプリメントは必要?」

妊娠中、特に初期の葉酸摂取の必要性はよく耳にしていたので、サプリメントなどから摂取していましたが、中期以降も積極的にサプリメントを利用した方が良いのでしょうか。食事では葉酸を多く含む食材を摂取するよう心がけているのですが、サプリメントも併用しなければ、胎児に何か影響が出てしまうのでしょうか。(20代・女性)

葉酸は、妊娠期全般にわたって必要な栄養素

葉酸は、妊娠初期だけでなく、中期・後期にわたって常に必要な栄養素なので、引き続き摂った方が良いでしょう。特に重症の貧血があったり、医師から勧められている人は積極的に摂取しましょう。

妊娠初期に葉酸の摂取を勧められる理由は、先天性障害の予防と、胎児の臓器や胎盤が作られる大事な時期において胎児の成長にも必要があるからです。葉酸は水溶性のビタミンで熱に弱いため、調理の過程で多くが失われ、普段の食事では不足しがちです。妊婦さんが貧血になると胎児の成長に影響するので、重症の貧血がある場合は妊娠中期以降でも積極的に摂取した方が良いでしょう。(産婦人科医師)
葉酸は妊娠初期から後期まで、常に役立つ栄養素なので、妊娠中期以降も摂取しておいた方が良いです。妊娠初期では、遺伝子情報を持つ核酸の合成を助けます。中期はまだまだ細胞分裂が活発な時期であり、葉酸は細胞の活性化や成長においても必要です。妊娠後期も赤ちゃんはどんどん成長をしていますので、引き続き葉酸を摂取した方がよいでしょう。(看護師)

葉酸の過剰摂取・不足による赤ちゃんへの影響

葉酸には過剰症もありますが、サプリメントを極端に多く飲まない限り心配はありません。また、摂取しないからといって必ず赤ちゃんに異常が出るとも言えません。

葉酸を過剰に摂取すると、蕁麻疹などの過敏症が起こりやすくなると言われています。しかし、一時的に摂り過ぎても不要なものは体外に排出されますし、過剰摂取となるのは一日に1000μg以上ですから、極端に大量にサプリメントを飲まなければ心配ありません。(産婦人科医師)
葉酸を摂取しなければ必ず赤ちゃんに異常が出てしまうわけではありません。もちろん摂取した方が良いのですが、摂取しないからといって不都合が起こるとも言えません。(看護師)

葉酸は、妊娠初期だけでなく全期にわたって必要な栄養素なので、妊娠中期以降も引き続き摂り続けましょう。葉酸の過剰症は、一日に1000μg以上を過剰に摂取しない限り心配はなく、逆に摂取しないからといって必ず赤ちゃんに異常が出るとも言えません。


2016/12/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)