葉酸

現在妊娠中期、葉酸はいつまで積極的に摂るべき?

赤ちゃんの先天性障害の発症リスクを低減するため、妊娠初期は葉酸摂取が推奨されています。しかし、妊娠中期以降はどうしたら良いのかと悩むママに対し、医師や看護師はどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

プレママからの相談:「葉酸はいつまで必要?」

初めての子どもを妊娠中で、現在30週目です。葉酸は妊娠前、妊娠中の胎児の成長に良いと聞いていたので、初期は葉酸が入っているルイボスティーやサプリメントで毎日摂取していました。しかし中期に入り、毎日は摂取しなくなりました。葉酸はいつまで摂取した方が良いのでしょうか。必要なら、サプリメントで毎日摂取した方が良いのでしょうか。(20代・女性)

葉酸は、妊娠前から妊娠期・授乳期にわたって必要

葉酸は妊娠前1カ月から妊娠3カ月までの摂取が勧められていますが、赤ちゃんの成長には妊娠期から授乳期まで必要な栄養素なので、今後も継続して積極的に摂った方が良いでしょう。

胎児の身体の基盤ができる妊娠初期の葉酸の摂取が勧められていますが、先天性障害を予防するために、少なくとも妊娠前約1カ月から妊娠3カ月までは摂取した方が良いと言われています。妊娠中期に入ってからも必要ですし、貧血予防のために、妊娠全期・授乳中も積極的に摂取した方が良いと言われています。(産婦人科医師)
葉酸は妊娠初期に重要なのはもちろんですが、妊娠中期から妊娠後期にかけても重要な役割を果たしてくれる栄養素ですから、継続して摂取した方が良いです。葉酸は赤ちゃんの細胞分裂や細胞の活性化に関係し、DNAの合成を促す働きがあります。赤ちゃんの細胞は、妊娠初期から後期までどんどん成長・分裂を繰り返していくため、妊娠後期から出産までしっかり摂取した方が良いでしょう。(看護師)

食事による葉酸の摂り方、サプリメントの使い方

葉酸は、水溶性で熱に弱く体外に排出されやすいので、葉酸を多く含む食品を積極的に摂りましょう。貧血を指摘されていたり、食事だけで複数の栄養を摂ることが難しい場合は、サプリメントで補うと良いでしょう。

葉酸が食事で摂取できており、貧血を指摘されていなければ、サプリメントを使用する必要はないでしょう。葉酸は水に溶けやすく熱にも弱く、体外に排出されやすいです。普段の食事では不足しがちなので、緑黄色野菜・芋類・キノコ類・レバー・ウナギ、いちごやマンゴーなどの果物を多めに摂ってください。(産婦人科医師)
妊娠中には、葉酸に限らず様々な栄養をバランス良く摂取したいものです。食事からの摂取が最も好ましいですが、難しい時はサプリメントで手軽に補うのも良いでしょう。(看護師)

葉酸は、赤ちゃんの成長のために妊娠前から授乳期まで必要な栄養素なので、今後も継続して積極的に摂った方が良いようです。葉酸を多く含む食品を摂るよう心がけ、貧血を指摘されていたり、食事だけで難しい時はサプリメントで補うのも一案です。


2016/12/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)