不妊の悩み

2016/12/08

上の2人はすぐ出来たのに…3人目の不妊に悩んでいます

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

上の2人はすぐ出来たのに…3人目の不妊に悩んでいます

3人目の子どもを望んでいるママから相談が寄せられました。上の2人の子どもはすぐに出来たのに3人目がなかなか出来ず、何が原因なのか知りたいということですが、専門家の皆さんはなんと答えているでしょうか。

ママからの相談:「3人目不妊について」

3人目不妊です。2人の子どもはどちらも望んでからすぐ(3カ月以内)に授かることが出来たので、3人目を希望して3年も妊娠出来ないというのが信じられない思いです。年齢ももうすぐ40歳なので卵子が老化しているのかなとも思うのですが、それ以外の理由もあるのでしょうか?ちなみに基礎体温を測っていますが、排卵日あたりに体温はストンと落ちて、高温期もしっかりあるので特に問題ないと思っています。(30代・女性)

原因がはっきりしない例もあります

実際に同じ悩みを抱えた経験のある看護師さんが、アドバイスをくれました。いろいろ検査をしたものの夫婦ともに異常なく、原因がはっきりしないこともよくあるようです。

不妊は本当に不思議なものだと感じています。私の場合も1人目は難なく妊娠して出産することが出来ましたが、2人目が全然妊娠出来ずにとても悩んでいました。結局は不妊治療に踏み切り、2年程度不妊治療を続けて、人工授精により2人目を妊娠することが出来ました。「なにが悪いのか」「どんな異常があるのか」と様々な検査をしてみましたが、夫婦お互いになんの異常もなく、全く原因がわかりませんでした。(看護師)
受精・着床などに影響する因子はたくさんありますが、「1人・2人目はすぐ妊娠出来ても次がなかなか」という例もあれば、「1人目は難しくて体外受精(人工授精)だったが2人目は何の治療もなしにすぐに」という例もあります。はっきりした原因が分からないままという事は珍しくないようです。(看護師)

原因は様々。気持ちに余裕を持って

卵子の老化のほかにも、ホルモンの減少や子宮内膜の状態、男性側の加齢など様々な原因が考えられるようです。焦りやストレスも原因の一つとなり得ますから、気持ちに余裕を持つことも大切です。

年齢を重ねると女性ホルモンが減少しするとともに卵巣機能が低下し、卵子も老化します。3人目となると、子宮内膜が薄くなって不妊の原因になる場合もあります。更に自然妊娠の場合35歳で18%に、40歳になると5%まで減少します。女性の妊娠能力は30代から低下し、37歳で低下のスピードが加速すると言われています。同じように、男性側でもEDや精子の運動力低下、精子の数が減るなど、年齢を重ねることで不妊の原因となる問題が起こります。(産科医師)
どうして3人目が出来ないのかという思いが、ストレスになっているとも考えられます。少し気持ちに余裕を持ちつつ、3人目を希望されるのでしたら、早めに不妊外来を受診した方がよいでしょう。その場合ご主人も一緒に受診してください。(産科医師)

1人目と2人目、3人目の妊娠しやすさに違いがある例は珍しくなく、原因がはっきりしない場合もあるようです。卵子の老化のほかにも、ホルモンや子宮内膜の状態など様々な原因が考えられますが、焦りというストレスを避けることも大切です。気持ちに余裕を持ちつつ、早めに不妊外来の受診も検討しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加