不妊の悩み

開始ピルの副作用がひどい…妊娠したらもっと辛いの?

生理不順の治療でピルを服用している女性から相談が寄せられました。副作用が辛いため、妊娠したらもっと辛い症状が出るのではないかと心配しているようですが、専門家はなんと答えているでしょうか。

妊娠についての相談:「ピルが体質に合いませんが妊娠は大丈夫でしょうか」

学生時代から生理不順で、社会人になってからも生理が来ない方が楽だと思って長い歳月が経ってしまいました。30歳を過ぎて結婚をして、婦人科の先生からピルを勧められて毎月ちゃんと生理が来るようになったのですが、その副作用がひどく飲むのが辛いです。ピル自体は女性ホルモンのようなものだから、生理時に似た腹痛・頭痛・だるさがあるとは説明を受けました。妊娠したら、もっと辛い症状が出るのかと心配です。(30代・女性)

慣れると軽減することも。ピルの種類変更を相談しても

ピルの飲み始めは副作用が強く出ていても、だんだんと身体が慣れて軽減することもあるようです。副作用が辛いことを医師に伝え、ピルの種類を変更出来ないか相談してみるのもよいでしょう。

ピルは避妊経口薬ですが、生理不順やPMSの治療にも使用されています。服用開始3カ月くらいまでは、自分が出しているホルモンにピルに含まれているホルモンが加わるため、吐き気や下腹部の違和感・胸の張り・倦怠感など妊娠初期のような症状が現れます。最初は症状が強くても、服用しているうちに身体が慣れて軽減することもあります。(産科医師)
現在服用しているピルの種類が分かりませんが、副作用が強いのでしたら他のピルに変更してもらってはいかがでしょうか。ピルを変更する場合は、服用中のピルを飲みきってからになりますから、飲みきる前に医師に相談してください。(産科医師)

副作用がひどいからつわりもひどいとは限りません

ピルの副作用が強いからといってつわりもひどいとは限らず、妊娠するまではわからないようです。心配し過ぎずに、治療に専念してください。

妊娠することで、つわりや腰痛・貧血・免疫力の低下・腹痛・下痢・便秘・お腹の張りなど様々な症状が出ることはありますが、全ての人に出るわけではありませんし「1人目はつわりが全くなかった」のに「2人目ではつわりがひどい」等、同じ人でも妊娠の度に状態が違うこともあります。こればかりは妊娠してみないと分かりません。(看護師)
心配な気持ちはわかりますが、妊娠を望んで今の治療を受けられているのですから、怖がらずに妊娠するように頑張ってみましょう。今の治療で副作用が出ているからといって、つわりが必ず出るというものでもありません。(看護師)

ピルの副作用は、身体が慣れるにしたがって軽減することもあるようです。医師にピルの種類変更について、相談してみてもよいでしょう。つわりの出方には個人差が大きく、ピルの副作用が強いからつわりもひどいとは限りません。心配し過ぎず前向きに治療に取り組みましょう。


2016/12/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)