葉酸

2015/03/02

妊娠中の葉酸。摂取の目安量はどの程度?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中の葉酸。摂取の目安量はどの程度?

赤ちゃんの脳や神経を作るために欠かせない葉酸ですが、妊娠中期以降に摂取し過ぎると悪影響が出るとも言われています。貧血で鉄分サプリの摂取を考えているが、成分の中には葉酸も含まれるため過剰摂取にならないかという相談に、看護師さんたちの回答とは。

葉酸について妊婦さんからの相談:「妊娠中期以降に葉酸を摂取しても大丈夫?」

妊娠28週目の初妊婦です。妊娠初期に葉酸サプリメントを毎日飲んでいましたが、中期以降の過剰摂取はよくないと聞き、サプリメントはやめています。先日の血液検査で貧血気味と言われ、市販の鉄分サプリを飲もうと思うのですが葉酸も入っているようです。葉酸の過剰摂取で、赤ちゃんに影響はないでしょうか。(20代・女性)

葉酸は1日1000mgを超えると過剰摂取に

葉酸は1日1000mg以上摂ると過剰摂取となります。しかし実際にこれだけの量を摂るのは難しく、また葉酸の摂り過ぎで悪い影響が出たケースはほとんどないようです。

妊娠中は貧血になりやすく、葉酸は赤血球を作る働きがあるため、妊娠期間通して摂らないわけにはいきません。葉酸は体内で生成できないので食品やサプリでとるしかないのですが、主治医にサプリの利用について相談するとよいでしょう。(産科看護師)
摂りすぎると、ママに蕁麻疹が出たり赤ちゃんが喘息を起こしやすいとも言われていますが、不足することの方が問題であり、一時的な摂りすぎは大丈夫でしょう。実際に副作用が出たケースはほとんどないようですが、サプリも併用される場合は用量を守って服用してください。(産科看護師)
サプリは食品に比べ吸収率が高いと言われており、効率よくとりいれることが可能です。葉酸は1000mgを超えると過剰摂取となりますが、この量を1日の食事から摂るのはかなり無理があると思われます。適正量を知った上で、鉄分や葉酸サプリを利用することは問題ないでしょう。 (内科看護師)

葉酸は体内に蓄積されにくい

葉酸は体内に蓄積されにくい上に、調理段階で栄養は半分ほどになってしまいます。また鉄分も体内に吸収されにくいのですが、ビタミンを含む食品と合わせて摂ると吸収率がUPします。

葉酸は、葉物をはじめとする緑黄色野菜・豆類などに多く含まれ、妊娠中は非妊娠時の倍の約400mgが必要とされています。しかし、水溶性ビタミンなので加熱すると半分ほど流失し、毎日排出されるため継続して摂取する必要があります。(内科看護師)
例えばほうれん草なら、1束(約200g)をおひたしにした場合の葉酸量は110mgなので、1日の必要量は4束となります。その他の葉酸を多く含む食品をバランスよく食べても、一定の必要量を補うことが難しいため、食事に加えてサプリメントの利用が勧められるようになりました。(内科看護師)
貧血防止のため鉄分を含むレバーや乾燥ひじき、大豆製品なども摂りましょう。鉄分も身体に吸収されにくいため、緑黄色野菜や果物などビタミンを含む食品と一緒に摂ったり、食後に果物を食べるのもよいでしょう。(産科看護師)

貧血予防のためにも葉酸は大切なだけでなく、食品から1日の必要量を毎日摂ることはかなり難しいようです。鉄分サプリメントに含まれる葉酸についても問題ないようなので、バランスのよい食事とともに併用するとよいようです。どうしても不安な時は、医師に相談してみてもよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加