つわり

妊娠30週、エアコンの風に吐き気をもよおして辛い…!

つわりの重さや期間は、人によってそれぞれです。妊娠初期に辛いつわりを経験したプレママから、今も感じる吐き気の対策について相談がありました。お医者さんと看護師さんは、どのように答えているでしょうか。

プレママからの相談:「つわりのピークは過ぎたけど、未だに感じる吐き気の対策を教えてください」

現在妊娠30週です。妊娠2~3カ月の時は吐き気のピークで水さえ身体が受け付けず、辛い思いをしました。その後もエアコンの風やスーパーの冷気にあたると、すぐに吐き気をもよおします。更にお腹の張りが大きくなるにつれ、圧迫されているような感覚が増してきて苦しいです。お腹の赤ちゃんのためにも、もう少し穏やかな気持ちで過ごしたいので、何か対策があれば教えてください。 (30代・女性)

エアコン等で感じる吐き気は、精神的なものの可能性が

エアコンの風等で誘発される吐き気は、無意識に精神的なスイッチが入ることが原因と考えられるようです。

妊娠中はお腹の子どものことが気にかかる他、体調が非妊娠時と異なるのでストレスも大きいと考えます。スーパーの冷房等をきっかけに感じる吐き気は、もしかしたら精神的なものが原因かもしれません。スーパーの冷気等が吐き気の原因だと無意識に感じることで、吐き気のスイッチが入ってしまうと考えられます。(看護師)

運動や趣味で気分転換を

吐き気を紛らわすために、運動をしたり、産後の準備を整えて、気分転換を行ってみるよう教えてくれました。

お母さんが辛い思いをしても、赤ちゃんはどんどん成長しています。辛い思いをした分だけ、お子さんへの愛情も深いものになるでしょう。穏やかな気持ちで過ごそうと思ってもなかなか難しいので、軽い運動や散歩で気分転換してください。名前を考えたり、産着を準備したり、部屋の環境を整えたり、忙しいですが楽しい仕事はたくさんあります。疲れたら休んで、美味しいハーブティー等でリラックス出来る時間を作ってください。(産科・婦人科医師)
近所を散歩したりして、新しいお店を見つけたり気分転換を図ると良いでしょう。何もしないで一日過ごしたり、読書をして過ごすこともおすすめです。(看護師)

食事を複数回に分ける等の工夫を

吐き気の原因と、吐き気を抑えるための対策についてアドバイスがありました。

妊娠初期は、妊娠したことで分泌されるホルモンが原因で吐き気が起こります。現在感じている症状は赤ちゃんがしっかりと育って、子宮が大きくなってくることで起きるものです。吐き気については胃が圧迫されて起きますから、食べる量を少なくして複数回に分けて対処してみてください。(看護師)
吐き気を誘発するものは出来るだけ避けて、横になるときは上半身を高くして休むといいでしょう。吐き気がある時は無理して食べず、少量ずつ数回に分けて召し上がってください。食後にレモン味やミント味ガムを噛むと、口の中がさっぱりしますし、唾液の分泌が促され、胃酸を中和してくれます。あともう少しです。ここまで頑張って赤ちゃんを守ってきた自分に、自信を持ってください。(産科・婦人科医師)

エアコンの風等で感じる吐き気は、精神的なものが原因かもしれません。運動等で気分転換を行うと良いでしょう。お腹が圧迫されることで引き起こされる吐き気を抑えるためには、食事を複数回に分ける、ミント味のガム等で口をさっぱりさせる等の対処法をお試しください。


2016/12/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)