妊活・妊娠したい

太っていると妊娠しにくくなりますか?

妊娠には身体が健康であることが大切です。ぽっちゃり体型の女性からの、体型と妊娠しやすさの違いや減量についての相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

妊活に関する相談:「肥満は妊娠に良くないのですか?妊娠のためのダイエットについても教えてください」

私は身長149cmで体重が69kgです。そろそろ子供が欲しいのですが、体重が多すぎたり少なすぎたりすると妊娠しにくく、妊娠高血圧症候群のリスクが高いなど聞きます。ぽっちゃりした方が元気に出産されることも多いですが、本当に太っているといけないのでしょうか。どれくらいのペースで何kgぐらい体重を落とせばいいのか、急激なダイエットは可能なのか教えてください。(20代、女性)

肥満での妊娠は高リスク、ダイエット目標は医師と相談して決めて。

肥満状態での妊娠は妊娠高血圧症候群や早産、流産などのリスクが高まります。身体の状態を確認し、医師と相談しながらダイエットの目標や方法を決めるようアドバイスがありました。

BMIで肥満度を確認しましょう。体重÷{身長(m)×身長(m)}で計算できます。18.5以下は痩せ型、18.5~24以下が正常で、25~30未満が肥満Ⅰ度、30~35未満が肥満Ⅱ度となります。149cm、69kgで計算すると31.1で、肥満Ⅱ度です。標準体重は48.8kgですが20kgの減量は厳しいので、主治医と相談して目標を決めると良いでしょう。(産科・婦人科看護師)
体重が多い人でも妊娠は可能ですが、隠れ糖尿病やメタボによる高脂血症の可能性が非常に高いため妊娠高血圧症候群になりやすく、妊娠中に血栓ができて脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。また、おなかの赤ちゃんの成長が遅れる可能性や流産や早産のリスクも高くなります。(看護師)
内科で採血などしてもらい、自分の健康状態にあった適切なダイエット法を指導を受けたり、ダイエット外来や女性専用のフィットネスなどでサポートしてもらいながらダイエットをしてはいかがでしょうか。(看護師)

食事と運動で、徐々に体重を落としましょう。

リバウンドしないよう、カロリーの低い食事と散歩など毎日続けられる運動で、1カ月に2kgを目安に体重を落とすよう教えてくれました。

リバウンドを避けるため1カ月に2kgくらいを目安に徐々に減量するといいでしょう。間食はやめ、遅い時間の食事は控えます。肉より魚、野菜、海藻類、キノコ類など低カロリーのものをよく噛んで食べるようにしてください。色んなおかずを少量ずつ食べると満足感が得られ、栄養もとれます。(産科・婦人科看護師)
お菓子などはストックせず、口寂しいときは飴をなめたり、野菜をゆでて冷凍したものを食べると良いでしょう。甘いものは洋菓子より和菓子を選び、小分けして食べてください。食べた物を記録しておくと、食べ過ぎや栄養のバランスが把握できます。毎日続けられる散歩や体操、ストレッチなども心がけてください。(産科・婦人科看護師)

肥満でも妊娠は可能ですが、標準体型の人と比べて高リスクな妊娠となります。医師と相談しながら目標を決めて、リバウンドしないよう少しずつ体重を落としていきましょう。


2015/03/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)