調査・アンケート

日経DUALが「共働き子育てしやすい企業ランキング」を発表!上位20社を公開

企業を応援するための初めての企画

11月30日に、日経BPが運営する日経DUALが、「共働き子育てしやすい企業ランキング」を発表しました。

これは、内閣府が進める「ワーク・ライフ・バランスを保ちながら生産性高く働くための働き方改革」を受け、企業を応援する目的で初めて実施したものです。

独自の指標に基づいたランキング

日経DUALが今回行った調査は、2016年9月から10月にかけて、およそ100社に対して調査票を送る形で行われたものです。

調査対象は、厚生労働省によって発表された「女性の活躍推進企業データベース」に基づき、日経DUALが優秀だと判断した企業および、以前取材した企業の内、男女を問わず育児や仕事の両立支援について、工夫が見られた企業を選定しました。

ランキングは、共働きの視点を持って独自に作成された「DUAL評価ポイント13」を基準に指標や配点を設け、それをもとに作成されています。

「DUAL評価ポイント13」は、「男性社員の多くが育児休業を取得しているか」「在宅勤務制度があり、多くの社員に利用されているか」といった内容からなる13の項目になっており、配点は「役員や部長、課長に子供のいる女性がいるか等」についてといった全38の調査項目の内25項目に関して設定され、160点満点でランキングの作成が行われています。

今回のランキングでは、サントリーホールディングス、丸井グループ、ダイキン工業が上位三社に選ばれ、今後日経DUALにおいてその取り組みなどが記事として掲載される予定となっています。

参考サイト

日経DUAL


2016/12/07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部