調査・アンケート

中学受験、お正月も休みなし!受験本番に向け最後の追い込み

冬休み中は「進学塾」で勉強が8割

首都圏では、中学校の受験まで、残り2カ月を切りました。受験をする子どもたちは、受験本番に向けて最後の追い込みといったところではないでしょうか。

中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」では、メルマガ会員234人を対象に「中学受験を目指すお子さんの冬期学習について」と題し、アンケートを実施。塾や家庭での勉強時間や、受験生の冬休み中の学習について回答してもらいました。

「冬休み中の学習は主にどこで行いますか?」と聞いたところ、約8割が「進学塾」と答えました。他には「家庭での自主学習」が約4割、「個別指導」「家庭教師」は1割以下という結果に。低学年は、家庭での自主学習が多く、中学年になると塾に行く人も。高学年では、塾で学習する人が大半のようです。

1日の勉強時間は2時間~3時間が目標

冬休み中の勉強時間を聞くと、約半数の人が「2時間」か「3時間」、約3割の人が「4時間」や「4時間以上」の勉強時間を目標としています。学年が上にいくほど、時間も増えているようです。

「年末年始も勉強させますか?」の問いには、「はい」と答えた人が7割以上。受験直前の6年生は、殆どの子が勉強に取り組み、まだ受験に余裕のある4年生や5年生は、「年末年始は勉強はお休み」と決めているようです。中学受験が迫っている子どもたちは、お正月も休みなく勉強に勤しむところが多いことが分かりました。

参考サイト

中学受験の情報ポータルサイト「かしこい塾の使い方」


2016/12/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部