イベント・セミナー

子どもたちに成功体験を~小・中学生向けのプログラミングキャンプ開催

プログラミング学習の必要性

文部科学省は小学校でのプログラミング教育の必修化を検討し、2020年度からの新学習指導要領に盛り込む方向で検討を進めていることから、プログラミング教育が大きな注目を集めています。

そこで株式会社 学研ホールディングスでは、大人気ゲーム『マインクラフト』を使った小・中学生向けのプログラミングキャンプ(短期集中講座)を、12月26日(月)に開催します。

情報技術も教養のひとつになりつつある

そこでセキュリティの専門家で、プログラミングやIT関連の著書を多数執筆している岡嶋裕史・中央大学准教授に特別インタビューを実施したところ、プログラミングの基本的な知識の有無で、コミュニケーション能力に大きな差がついてしまうことから、予め学習しておくのは必要と回答しました。

またプログラミングは、見通しをコンピュータに教える作業となるので、考えるクセが身につき、そこで失敗とチャレンジを繰り返す経験をすることはとても重要とのこと。

先着順なので早めに確認を

学研のマインクラフトプログラミングキャンプは、12月26日(月)、10:00~17:00(昼食と休憩時間を含む)、東京都品川区西五反田にある学研プラス3Fホールにて、小学2年生~中学3年生(小学2年生未満、高校生以上は要相談)を対象に開催します。

定員は先着100人、参加費15,000円(税別)となりますので、早めに同社Webサイトから申し込んでください。

参考サイト

Gakken Tech Program


2016/12/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部