妊娠後期の吐き気

2016/12/12

妊娠後期のつわりが酷くて夜も眠れない…どうすればいい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠後期のつわりが酷くて夜も眠れない…どうすればいい?

妊娠初期につわりに悩まされる妊婦さんは多いですが、後期に入って再びつわりが起こる事もあります。今回の相談者は妊娠9カ月ですが、つわりが酷く夜横になると吐き気がすると言います。夕食を食べなければ寝られますが、ずっと食べない訳にもいかず、悩んでいます。どのように対処すればいいのか専門家に聞いてみました。

妊娠後期の不調についての相談:「妊娠後期になってから吐き気が酷く眠れません」

妊娠9カ月です。初期は軽かったつわりですが、後期になってから吐き気が強く、夜寝ようと横になっても気持ちが悪くて寝つけません。夕飯を食べなければ吐き気はなく寝られますが、お腹がとても空いてしまいます。いつも麦茶を飲んでいるのですが、常に喉が麦茶の味というか、苦い感じがしています。出産するまで治らないのでしょうか。また、出産すれば落ち着くのでしょうか。(30代・女性)

初期とは違う後期つわり。大きくなった子宮が胃を圧迫

ホルモンの関係で起こる初期のつわりと、後期のつわりは原因が違います。大きくなった子宮が胃を圧迫することにより、起こります。

妊娠後期の吐き気は、大きくなった子宮に胃が圧迫されて起こる事がほとんどです。食べなければ吐き気が起こらないでしょうが、妊婦さんが食事を抜くのは良くありません。夕食は量を減らし、少なくても寝る2時間前には食事を終えてください。食後30分は横にならないようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
妊娠初期と後期のつわりは異なります。妊娠後期は子宮が大きくなることで胃を圧迫するため、初期のホルモンによるつわりとは原因が違います。胃が圧迫される事が原因なので、食べる量を減らして複数回に分ける等の工夫が必要です。(循環器内科看護師)
自覚されている症状は、逆流性食道炎の症状に近いかもしれません。胃が圧迫され、胃液が逆流して胸やけを感じる人は少なくありません。出産を機に快方に向かうと思いますが、あまり辛いようでしたらかかりつけの医師に相談してください。(循環器内科看護師)
食べ物では「まごわやさしい」という言葉があります。これは、豆・ゴマ・ワカメ(海藻)・魚・シイタケ(キノコ類)・芋といった食品の頭文字です。これらの食品を使い、和食中心に献立を立ててみてはいかがでしょうか。(循環器内科看護師)
レモン味やミント味のガムを噛むと口の中がさっぱりしますし、唾液の分泌が良くなって胃酸を中和させます。横になる時は、上半身を高くすると良いです。抱き枕等を使って、楽な姿勢で横になってください。出産予定日が近付くと赤ちゃんが下の方に降りてきますから、少しは楽になると思いますし、出産すると改善されます。もう少しですから、頑張って乗り越えてください。(産科・婦人科看護師)

赤ちゃんが大きくなってくる後期は子宮が胃を圧迫し、つわりの原因となります。食事は少量ずつ複数回に分けて、寝る2時間前までに済ませましょう。症状があまりにも酷い時は、医師に相談してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加