妊娠後期の吐き気

妊娠後期、ごはんを食べると気持ちが悪くなる…これってつわり?

妊婦さんを悩ませるつわりは、初期だけとは限りません。今回は29週目の妊婦さんからの相談です。後期に入ってからごはんを食べると気持ちが悪くなるようになったという相談ですが、これは後期つわりなのでしょうか。悩む彼女に専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。

妊娠後期の不調についての相談:「妊娠後期の胃もたれはつわりでしょうか」

妊娠29週目です。初期はつわりに苦しみ、食べ物のにおいだけで気分が悪くなりました。安定期に入ると治まり、妊娠前同様に食べられるようになったのですが、妊娠後期に入ってからごはんを食べると気持ち悪くなるようになりました。妊娠初期とは違い、におい等は気になりませんし、初期ほどむかむかする訳ではありませんが、これは後期のつわりでしょうか。臨月にかけて酷くなるのでしょうか。(20代・女性)

後期つわりの原因は大きくなった子宮。食事は複数回に分けて

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて、子宮が胃を圧迫するため後期つわりが起こります。食事は少量ずつ、複数回に分けて食べましょう。

大きくなった子宮が胃を圧迫するため、食後に気持ちが悪くなるのだと思います。さらにお腹が大きくなると、症状が強くなる場合もあります。食事は消化の良いもので1回分の量を減らし、数回に分けて食べてください。食後30分ほどは横になるのは控えましょう。(産科・婦人科看護師)
ごはんを食べて気持ち悪くなるのは、胃の内容量が減少したからではないでしょうか。子宮が大きくなると、お腹も大きくなります。胃は元あった場所より上に押し上げられるため、すぐ満腹に近い状態になります。それが吐き気の原因だと思いますので、食べる量を少なくして複数回に分けてみてください。(循環器内科看護師)
においが気にならないのは、初期のつわりとは性質が異なるからです。これから先はどんどんお腹の子どもが大きくなるので、症状が辛く感じるかもしれません。もちろん程度の差はあります。(循環器内科看護師)

臨月になれば楽に。吐き気やむかつきがあれば病院に相談を

臨月になれば赤ちゃんは下の方に降りてくるため、楽になります。もっとも吐き気がある場合、妊娠中毒症の可能性もあります。場合によっては病院で相談しましょう。

臨月に入ると、赤ちゃんが下の方に降りてくるので改善されると思いますが、妊娠後期の吐き気は妊娠中毒症が悪化している事もあります。長引くようでしたら、検診の際に医師に相談してください。(産科・婦人科看護師)
レモン味やミント味のガムを噛むと口の中がさっぱりしますし、唾液の分泌が促されて消化を助け、胃酸を中和させます。ストレスを溜めないようにし、体調が良い時は散歩や軽い運動で気分転換してください。(産科・婦人科看護師)
胃がむかむかしてしまうのは胃液の逆流の影響なので、これに対しては内服も処方してもらえますし、お腹の子に影響もありません。無理をしないで、辛い時は担当の医師に相談してください。(循環器内科看護師)

後期つわりは、お腹の赤ちゃんが大きくなって胃を圧迫するために起こります。食事は少量に分けて食べ、ガムを噛むと唾液の分泌が良くなるので胃酸を中和してくれます。吐き気やむかつきが長引く場合は、病院に相談しましょう。


2016/12/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)