生理不順

2016/12/16

3人目出産後の体調の変化が気になります…

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

3人目出産後の体調の変化が気になります…

3人のお子さんを出産し2年経過したという相談者さんですが、約1年前から生理不順と生理前の頭痛に悩まされるようになりました。それまで特に不調を感じる事がなかった分、余計に心配が募ります。原因とどのような対策を執るべきか、相談を寄せてくれました。

30代ママからの相談:「生理不順と頭痛」

3人目の子を出産してから2年が経ちます。3人目の子は授乳期間が短く、すぐに生理が再開し1年が経った頃、生理不順が始まりました。月に2度生理が来ることもあり、生理なの?それとも出血?という感じです。また、生理前の頭痛が酷いです。鎮痛剤を何度も飲んでしまいます。生理前の頭痛と生理不順は、関係あるのでしょうか。生理予定日も早まることが多く、1週間以上続く事もあります。3人出産しているからホルモンバランスが安定しないのでしょうか。(30代・女性)

ホルモンバランスの影響が考えられます

相談者さんが推察する通り、出産後生理周期が整わないのはホルモンバランスの乱れによるところが大きいと考えられます。それに加え、産後疲れや育児疲れが影響し、生理不順を助長してしまう場合もあるようです。

妊娠・出産によってホルモンバランスや子宮環境が変化しますから、産後の生理の症状も変化します。1人目の後は軽くなったのに、2人目の後は酷くなることもあります。1人目・2人目だからというのは関係ないですが、小さいお子さんがいたうえでの出産や育児でストレスや疲れが溜まり、ホルモンバランスが整いにくくなっているかもしれません。産後は生理不順になりやすいですし、無排卵の事もありますから、月に2度生理が来たり少量の出血がだらだらと続く場合もあります。(産科・婦人科看護師)
産後はホルモンのバランスが乱れることにより、生理不順で悩む人は多いです。育児で疲労感や精神的な悩みがあると自律神経が乱れて、女性ホルモンにも影響し生理不順になることがあります。特に体に疲労感を感じていると、生理不順になりやすい傾向があります。(看護師)

乱れたホルモンバランスを元に戻すには、規則正しい生活を送ることが一番重要です。またバランスの良い食生活を心掛け、ストレスを溜めない事も大切です。

ホルモンバランスを整えるためにできるだけ規則的な生活を送り、疲れやストレスを溜めないようにしてください。また基礎体温を測って、排卵の有無や生理周期をチェックしてください。(産科・婦人科看護師)
十分な睡眠で自律神経のバランスを整えたり、栄養バランスの良い食事、適度な運動をする等血行を良くしてリラックスする事が大切です。(看護師)

生理前の頭痛の正体は?

月経前症候群の症状がなかった人でも、出産を機に現れるのは珍しいことではありません。相談者さんも、そのケースに当てはまると考えられます。ホルモンバランスを整えるために規則正しい生活を心掛けると共に、生理不順や頭痛について婦人科へ相談してみる事をお勧めします。

月経前症候群は生理前になるとお腹が張る他、腹痛や頭痛、めまいなど身体に様々な症状が現れます。ダラダラと続く出血や月経が月に2回以上見られる時は、産婦人科で相談してみましょう。その際、他に婦人科系の病気が隠れていないか一緒に検査してもらって下さい。(看護師)
生理前の頭痛はPMS(月経前症候群)だと考えられます。PMSの原因は、排卵から生理までのホルモンの変化によるものと言われていますから、ホルモンバランスが悪く生理不順のため、PMSを起こしやすいと思われます。(産科・婦人科看護師)

出産によるホルモンバランスの乱れや月経前症候群は、産後自然に改善される場合もあれば長く悩まされるケースもあります。不快な症状は我慢せず、積極的に改善していきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加