生理不順

20代からの生理不順…自然妊娠は難しい?

生理不順はあったものの、これまで気にする事なく過ごしてきた相談者さん。結婚を機に赤ちゃんの事を考えるようになったが、検査で排卵が毎回行われていない可能性があると言われ、自然妊娠が難しいのではと心配しています。生理不順を改善するには、どのような治療が効果的なのでしょうか。

30代女性からの相談:「生理不順と妊娠について」

私は20歳の頃から生理不順です。20代の頃はあまり気にしていなかったのですが、30代で結婚をした事で妊娠する事ができないのではないかと不安になっています。一度婦人科で検査をしてもらったところ、排卵が毎回行われていない可能性があると言われました。このような場合、自然妊娠は難しいのでしょうか。また、治療する事で、生理不順は改善するのでしょうか?治療をする場合、漢方は効果があるのかどうかも知りたいです。(30代・女性)

生理不順の原因をはっきりさせましょう

生理不順は生活習慣に起因する場合や病気が隠されているケース、生まれ持った体質など様々な原因が考えられます。まずは自分がどのケースに当てはまるのか、把握しましょう。相談者さんの場合は長年生理不順である事から、体質に因るところが大きいようです。

生理不順の原因としては、ストレス・食生活・過度なダイエット・睡眠不足・冷え症・体質等があります。これらの原因によりホルモンバランスが崩れる事で、生理不順が起きます。甲状腺機能異常・子宮筋腫・子宮内膜症などの病気が、隠れている可能性もあります。また原因によっては不妊症になる場合もあり、病院で指摘された無排卵もその一つです。無排卵の原因は、過度なダイエット・過度な運動・強いストレス・喫煙習慣・冷え症など生活習慣が原因となるといわれていますが、子宮や卵巣の問題・ホルモン異常・多嚢胞性卵巣症候群などの病気が原因となっている場合もあります。(看護師)
完全な無排卵状態が続いているのであれば、受精できる卵子が排卵されていない事になるので、自然妊娠は難しくなります。しかし無排卵性月経や生理不順には、早期治療が有効です。排卵誘発剤やピルなどのホルモン剤を用いた治療、漢方薬での体質改善などが主な治療法です。(看護師)

体質に合った治療法を選びましょう

相談者さんは漢方薬を使った治療法に興味を示しています。副作用の心配が少なく分効き目も穏やかですが、期待するような効果が現れるかどうかは個人差が大きいとの事です。治療の際は医師と相談の上、自分の体質に合った方法を選びましょう。

原因によって治療法が異なり、予後も変わってきますので、生理不順が改善するかどうかははっきりとは言えません。漢方についても、冷え性やホルモンの乱れ等、原因によっては効果があるものもあるでしょう。しかし原因が特定されないまま、漢方を服用することは止めましょう。生理不順で100%不妊症になる訳ではありませんが、可能性があるので病院で詳しく検査をし、原因に合った治療法を相談しましょう。(看護師)
漢方薬は血や気の流れを変え、体のコンディションを整えることで体質改善をしていきます。生理不順の治療のために処方される漢方薬は何種類かありますが、薬のような即効性はほとんどありません。用法用量を守って服用し、生活習慣の改善も並行して行い、効果が現れるまで根気よく続ける必要があります。しばらく服用しても改善がみられない場合は、体質に合っていない可能性もあるので、医師や専門機関に相談しましょう。(看護師)

不妊の原因は必ずしも生理不順であるとは言えず、また生理不順であっても赤ちゃんを授かる事はもちろん可能です。ホルモンバランスを整える意味でも、気長に治療に取り組んでみてはいかがでしょうか。


2016/12/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)