母乳

やっぱり母乳はスゴかった!知っておきたい「母乳のチカラ」と「粉ミルクの役割」

赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい、そう考える女性は多いと思います。ですが、母乳が乳児にとって最良の栄養だということはなんとなくわかるけど、具体的にどうして?と聞かれると困ってしまいますよね。そこで、創業以来60年という長きにわたって母乳の研究を重ねてきた雪印ビーンスターク社のお二方に、母乳に秘められたチカラと、その研究から導かれた粉ミルクの役割、アレルギー予防の成分など、母乳育児に役立つノウハウをわかりやすく教えていただきました。

【今回の取材企業】
雪印ビーンスターク株式会社
 商品開発部 副部長 農学博士/中埜(なかの)さん
 育児品事業部 営業企画G 課長/田中(たなか)さん

母乳の神秘に迫る!全国母乳調査

雪印ビーンスターク社の母乳研究は1960年から全国母乳調査として、これまでのべ4000人以上のお母さんたちの母乳を調査してきました。母乳・乳児・母親の関係を明らかにできる大切な調査です。これまでの調査結果は、日本食品標準成分表や日本人の食事摂取基準の母乳成分データとしても引用されています。

その長年の研究結果から、母乳に含まれる成分には発育や脳・神経系の発達に必要な栄養素の他に、「赤ちゃんを守る免疫成分」が豊富に含まれていることや、お母さんの生活習慣(食事含む)で母乳成分が変わること、アレルギーや感染症との相関関係など、多くのことがわかってきました。

赤ちゃんをまもる!母乳の免疫力パワー

免疫とは(免=まぬがれる・疫=病気)細菌やウイルス等の病原体やアレルゲンなどから身体を守る仕組みのことです。生まれたばかりの赤ちゃんは胃や腸などの消化器官が未熟です。ということは、アレルギー物質や病原体が身体の中に入ってきても、バリアする力や戦う力が弱いということになります。

そんな赤ちゃんを守るため、母乳には以下の免疫成分が含まれていることが研究でわかりました。病原体の付着するのを防ぐ「シアル酸」「ガングリオシド」、善玉菌を増やして整腸効果を促してくれる「母乳オリゴ糖」。さらに消化管のバリア機能を高める「リボ核酸」「ポリアミン」、病原体と戦う力を高めてくれる「ヌクレオチド」といった成分が含まれているのです。〔図参照〕

beanstalk_11

感染症を予防し、アレルギーにもなりにくい

母乳の免疫力でバリア機能が高まった結果、急性中耳炎・RSウイルス感染症・下気道感染・胃腸炎・尿路感染・髄膜炎など、新生児がかかりやすいとされているさまざまな感染症の予防を手助けしてくれます。

また、消化酵素の働きが未熟な赤ちゃんは、たんぱく質を体内で分解しきれず、その分解されずに残ったたんぱく質がアレルゲンのリスクになると言われています。母乳には、そのバランスを整えてアレルギーになりにくくする成分「TGF-β(トランスフォーミング成長因子)」も含まれていることがわかっています。つまり、母乳の免疫成分は、感染症からもアレルゲンからも赤ちゃんを守ってくれているのです。

アレルギー予防効果が期待できる「TGF-β」

近年、アレルギーに悩んでいる方が多くなりました。母乳研究の結果、母乳中の「TGF-β」の量が少ないほど、アレルギーを発症する確立が高くなっています。ですから「TGF-β」を多く含んだ母乳には、アレルギー予防の効果が期待できるのです。

「TGF-β」とは、細胞の増殖や様々な機能を調節するたんぱく質の1つで、最近ではアレルギー発症を抑えるはたらきが注目されています。
複数の乳酸菌やビフィズス菌を摂取することで、母乳中の「TGF-β」が増えることが報告されています。

お母さんの食事と睡眠で母乳の成分は変化する

母乳は赤ちゃんにとって栄養補給としてだけでなく、未熟な消化器官の免疫力を補い、アレルギーからも守ってくれる、まさしく赤ちゃんのためのスーパーフードということがわかりました。そしてその母乳の成分は、お母さんの食事内容が大きく影響することも研究からわかったのです。

例えば、食塩の摂取量が多いお母さんの母乳中のナトリウム濃度は高い傾向にあります。昼間と夜間に採取した母乳では、睡眠や覚醒リズムを調節するホルモンの一種メラトニン含量が夜間に多いことが認められています。〔グラフ参照〕
また、器官形成や機能発達に欠かせない「DHA(ドコサヘキサエン酸)」も、お母さんのDHA摂取量によって母乳中のDHA量が変動することがわかっています。〔グラフ参照〕

161219_l

母乳から学んだ粉ミルクの役割

長年の研究から、母乳は赤ちゃんにとって最良の「完全食」なのは揺るぎない事実です。母乳調査を行うたびに成分とその働きに驚き、母乳のすごさや素晴らしさを実感しています。私たちはその分析結果を元に、より母乳に近い粉ミルクを作りたいという強い思いを持って、製品の改良を重ねてきました。

どうしても母乳が出にくい女性もいらっしゃると思います。また、生活リズム等の関係で母乳をあげられないお母さんもおられるでしょう。そんな方たちのお役に立ちたいと考えています。育児をするうえで一番良くないのがストレスです。母乳が足りない時、与えられない時などにぜひ役立ててもらえれば嬉しいです。

雪印ビーンスタークの粉ミルク『すこやか』は、母乳に含まれる成分をバランスよく配合しています。近年、魚介類摂取量の減少傾向から不足しがちな「DHA」もしっかり入っています。また、前述の免疫成分も配合し、特に「リボ核酸」や「シアル酸」は雪印ビーンスターク社製のみにしか含まれておりません。母乳育児の“お守り”的な存在として、常備してもらいたいです。

beanstalk_07

より良い母乳のため、妊娠期から準備できること

母乳育児にはメリットしかないのですが、そのメリットを最大限に生かすためには、妊娠期からの食生活や生活リズムを整えることも大切です。 お母さんの食べたものが母乳の成分につながるわけですから、やはり必要な栄養素はしっかり摂取したいですね。 バランスの良い食事と規則正しい生活が基本なのはもちろんですが、妊娠中は体力も体調も安定しないことが多いものです。そんな時には、妊娠・授乳期に必要な栄養素「葉酸」「鉄」「カルシウム」などを安心して摂取してもらえる妊娠婦栄養補助食品もぜひ活用してみてください。

beanstalk_03

また、前述したアレルギーになりにくくする成分「TGF-β」量を増やすには、ヨーグルト等の乳酸菌を多く摂取するのがオススメです。母乳のための食品として作られた『3つの乳酸菌M1』では、約100億個の乳酸菌が手軽に摂取できます。 さらに、お母さんの摂取量がダイレクトに影響するDHAを摂取できる『赤ちゃんに届くDHA』という食品もあります。魚介類が苦手な方はぜひ試してみてください。

(取材・文/たなべりえ)


2016/12/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部