息抜き・小ネタ

脚もしゃっくり? 「しゃっくり脚症候群」の症状

食べたり飲んだりしたあとに起こりやすい「しゃっくり」。
実はしゃっくりが不眠の原因になることがあるとご存じでしたか?
とは言っても、ここでご紹介するしゃっくりは、寝ているときに足に起こるもの。つまり、下半身がしゃっくりのようにけいれんすることで、「しゃっくり脚症候群」と言われているのです。

この症状にかかると、同時に脳が覚醒してしまい、知らず知らずのうちに不眠になっているのだとか。
今回は普段私たちがおこりやすい一般的なしゃっくりと、足のしゃっくりこと、しゃっくり脚症候群について詳しく見ていこうと思います。

しゃくりはどうして出るの?

まずはしゃっくりから見ていきましょう。
しゃっくりは、横隔膜のけいれんと、のどの奥にある声帯の閉鎖で起こる症状です。
これに深く関係しているのが、脳にある「延髄」。延髄は呼吸や「嚥下(えんげ、食べ物を飲み込む機能)」などをコントロールしています。

延髄は興奮しやすい特徴があり、そのスイッチはのどの奥にあるため、何かの拍子にそれはオンになると延髄が興奮し、しゃっくりが出るのです。
普段は脳が延髄の興奮を抑えていますが、脳に元気がないときには、延髄の興奮を抑えきれません。
たとえばストレスが過剰にかかったとき、アルコールを大量に飲んだときなどです。

しゃっくりを止める方法

しゃっくりの止め方はさまざま。そして効果もさまざまです。
病気が原因のケースを除き、約70%の人のしゃっくりが止まる方法は、「耳をふさぐように人差し指を入れて、30秒間強く押す」。たったこれだけだそうです。

なぜこの方法で止まるのでしょうか?
それは、延髄と耳の間にも神経が通っているため、耳からの刺激によって延髄の興奮を抑えることができるとのこと。 ただし、呼吸器や循環器の病気がある人は耳を押さないでください。
また1週間以上しゃっくりが続く場合は、病気が隠れている可能性もあります。そのため、まずは内科や総合診療科を受診しましょう。

しゃっくり脚症候群の症状とメカニズム

不眠の原因となる足のしゃっくりは「しゃっくり脚症候群」と呼ばれ、正式には「周期性四肢運動障害」と言います。
しゃっくり脚症候群には、「脊髄」が深く関係しています。脊髄が興奮することで、本人の意思に関係なく足が動いてしまうのです。

脊髄の興奮を抑えられなくなる原因は、血液中の「フェリチン」の不足です。
フェリチンに含まれる鉄分が、ドーパミン(中枢神経に存在する神経伝達物質)を増やし、脳を元気にして脊髄の興奮を抑えることができるのです。

しゃっくり脚症候群の食事療法

しゃっくり脚症候群は食事療法で治せます。
それには鉄分を摂ることです。ただ、鉄分が多い食品を多く摂ればいいわけではありません。鉄分が1回に吸収される量は決まっていて、一度に多く摂っても排泄してしまいます。

ポイントは「1日3回の食事でこまめに摂ること」と「吸収のよい食べ方をすること」です。
鉄分にはヘム鉄【肉類(特にレバー)、あさり、まぐろ、牡蠣、たまごの卵黄など】と非ヘム鉄【切干大根、きくらげ、ひじき、ほうれん草、プルーン、きなこなど】があり、ヘム鉄の吸収率は非ヘム鉄の6倍にもなります。

ただし、非ヘム鉄も、たんぱく質、ビタミンCと一緒に摂れば吸収率がアップします。
肉、魚、卵、海草、豆、野菜、果物と毎食でバランスよく食べましょう。

<執筆者プロフィール>
山本 ともよ(やまもと・ともよ)
管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー
株式会社 とらうべ 社員。企業で働く人の食と健康指導。糖尿病など疾病をもった人の食生活指導など活動中

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】

あなたも「足のむくみ」に悩まされていたら
冷え性だから「靴下を履いて寝る」 これすぐヤメて!
12月11日は、「いに(12)いい(11)」で胃腸の日


2016/12/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部