冷え性

どうにかしたい「末端冷え性」。原因や対策は?

手足が冷たく、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、温かい部屋でも足先は常に冷えているといったお悩みはありませんか。
とくに女性に多い末端冷え性。冷え性は、健康や美容にとっても油断大敵です。
原因と対策を知り、冷えを改善しましょう。

冷え性はなぜ起こる?

身体は温かくても、手や足は常に冷えているように感じる「末端冷え性」。本来、人間の身体は一定の体温を保つためのしくみが備わっています。
このしくみによって皮膚が寒さを感じると、その情報が脳に伝わり、脳は体温を一定に保つよう身体に指示をだします。
その結果、全身の血管が縮まり、流れる血液の量をコントロールすることで身体の熱が逃げにくい状態になります。逆に暑さを感じると、血管が広がり血液の流れを増やして、汗をかくことで体内の熱を逃がします。
このような体温調節で重要な役割を担っているのが自律神経です。

ところが、偏った食事や運動不足、ストレス過多、睡眠不足など、生活習慣が乱れることで自律神経の働きも乱れてしまいます。
また身体の血液の流れが悪いと、血流が滞りがちになり体温調節がうまくできません。運動不足や貧血、低血圧などの病気は血液循環を悪化させる大きな原因です。

さらに女性はとくに、月経周期や閉経に合わせてホルモン分泌量の変動が大きく、女性ホルモンの乱れも血液の流れを悪くする要因の一つです。加えて、熱を産生する筋肉の量が、男性に比べて少ないことも女性に冷え性が多い原因。
このような要因が重なって身体が冷えている時、身体は脳や大切な臓器がある中心部の熱を逃がさないようにするため、末端の手足には十分な血液が届きにくくなり、末端冷え性の症状が起こるのです。

冷えがもたらす悪影響

末端冷え性がもたらす身体への影響は、手足が冷たくつらく感じることだけではありません。
「冷えは万病のもと」と言われ、冷え性が慢性的になると頭痛や肩こり、腰痛、便秘、手足のむくみといった不調が起こりやすくなります。
また動悸やめまいが起こったり、生理不順、肌荒れなどの影響が出ることもあります。
さらに体温が1℃下がると、免疫力が30%低下するという報告もあり、風邪やアレルギー症状にも深く関わっています。

まずは生活習慣の見直しを

このように、身体にさまざまな影響を与える冷え性。改善するには、生活習慣の見直しが第一です。
次の中で当てはまるものはありませんか?確認してみましょう。

・食事が不規則。1日3食とらず、抜いてしまうこともある。
・ついつい外食やコンビニに頼りがち。食事が偏っていると感じる。
・睡眠不足で疲れが取れない。
・運動する習慣がない。
・ストレスが溜まっている。
・お風呂はシャワーで済ませることが多い。
・夏もエアコンが効いた部屋で過ごし、汗をかく機会が少ない。

このような生活習慣は、自律神経の乱れや血液循環の悪化や筋肉量の低下に関わり、冷え性を招きます。
思い当たるものがある場合は、まずライフスタイルの見直しから始めましょう。規則正しい食事、運動の習慣、睡眠時間の確保に加えてお風呂でしっかり身体を温めることは冷えの改善だけでなく、ストレス解消の効果も期待できます。

今日からできる、冷え性対策!

生活習慣を見直してもやっぱり冷えが気になる、今すぐ冷えを解消したい、という方のために今日から取り入れられる冷え対策をいくつかご紹介します。

身体をあたためる食べ物を摂る

食べ物には身体を温める効果があるものと、逆に身体を冷やす効果があるものがあります。
冷え対策におすすめの食材は、生姜やねぎ、唐辛子などの香辛料。また、にんじん、ごぼうといった根菜類や適度なタンパク質などがあります。一方でトマト、キュウリといった夏が旬の野菜や、パイナップルなど南国が産地のフルーツは身体を冷やすため、摂り過ぎに注意しましょう。
スープ、鍋などもおすすめですが、カフェインは身体を冷やす作用があるため、温かいからと言ってカフェイン入り飲料の飲み過ぎは控えましょう。

衣類や市販のグッズを活用

冷え対策には、「くび」のつくところを冷やさないことが大切です。
首、手首、足首、くびれ(お腹)などは、ネックウォーマー、腹巻、手袋、靴下などを活用し冷やさないよう注意しましょう。
持ち運びできる湯たんぽやUSB電源につなぐことで温かくなるスリッパなど、冷え対策のグッズも多く市販されています。家庭や職場の環境に合わせて、冷えを改善し快適に過ごせるグッズを探してみましょう。

ストレッチで血流改善

身体を温めるためには、血液の流れを良くすることが大切です。
とくに足の血流はデスクワークなど、座ったままの状態が続くと滞りがちです。1時間に1回程度、足を動かしたり、軽いストレッチ、足裏のマッサージなどを取り入れ、血のめぐりを改善しましょう。
忙しい毎日で身体が凝り固まってしまわないよう、血液の流れを意識し、冷え性を克服しましょう。

<執筆者プロフィール>
井上 愛子(いのうえ・あいこ)
保健師・助産師・看護師・保育士。株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン

<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供

【関連記事】

「わっ、またTシャツ!」 日本には寒さに強い外国人が多い?
冷え性だから「靴下を履いて寝る」 これすぐヤメて!
「なぜ温泉は身体に良いのか」を徹底解説


2016/12/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部