産後の生理

産後の生理再開と生理不順について

産後の生理再開は個人差が大きく、産後2カ月~1年の開きがあります。しかし、生理が再開しても生理不順や不正出血があるため相談者は悩んでいます。また、このような状態で次のお子さんの妊娠は可能なのでしょうか。専門家にお聞きしました。

1歳児のママからの相談:「卒乳後に生理が再開。生理不順と不正出血が…妊娠可能?」

出産後子どもが1歳で卒乳し、その後約1カ月経った頃に生理が再開しました。しかし、2回目の生理は約50日の間隔が空き、3回目の生理は28日の間隔で来ました。気になっているのは、生理と生理の間の期間に不正出血があったことです。産後生理が再開し2人目を考えていますが、きちんと妊娠できる身体なのかどうか不安に思っています。今後、ちゃんと妊娠できるのでしょうか。(20代・女性)

産後の回復の時期は、生理不順になりやすい

生理再開後に生理不順があっても、異常なことではないようです。産後の体は少しずつ回復に向かっているので、ちょっとした原因でホルモンのバランスを崩しやすいようです。

産後の生理不順は、ホルモンや子宮の回復の過程であり過度に心配する必要はないと思います。産後の生理不順の原因としては、子宮の回復状態・育児によるストレスや疲労・生活習慣(睡眠不足や食生活など)・冷え症・無排卵などが考えられます。子宮が回復してホルモンの分泌が安定し、ストレスや疲労が軽減され心身が次の妊娠のために準備が整うと、自然と生理周期も安定します。(看護師)
産後1年が経過し断乳しているので、現在は身体が回復している状況だと考えられます。この時期は生理が不順になったり、生理痛などの症状が出ることがあります。(看護師)

生理不順でも妊娠は可能。症状が続く時は受診を!

生理不順でも排卵があれば妊娠可能ですが、ホルモンバランスが崩れていると無排卵月経になったり、不正出血が起きます。ただし、不正出血には婦人科系の病気が潜んでいることもありますので、一度受診した方が良いでしょう。

1人目は難なく妊娠できたのに、2人目がなかなか妊娠しないという悩みは多いです。生理不順だと無排卵であったり、タイミングが取りづらいので妊娠しにくいかもしれませんが、不可能ではありません。生理不順が続くのであれば、病院を受診してみたほうが良いかもしれません。(看護師)
生理と生理の間の出血は、排卵時出血や機能性出血の可能性が考えられます。機能性出血は、ホルモンの分泌が乱れて起こります。まだ産後のホルモン分泌が安定しないために、機能性出血が起こっているのでしょう。ただし、生理不順や不正出血が続く・腹痛や生理痛が強い場合には、何らかの病気が原因である可能性もあります。一度病院を受診し、専門医の診察を受けることをお勧めします。(看護師)

産後の回復には個人差があり、生理再開後の生理不順や不正出血は、まだ体調が万全でないことを示しているのかもしれません。経過を見て、一度受診することをお勧めします。


2016/12/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)