産後の生理

2016/12/21

産後の生理不順と月経前症候群について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後の生理不順と月経前症候群について

産後はホルモンのバランスが崩れるために、体質が大きく変化する方もいます。出産前よりも生理不順や月経前症候群(PMS)が重くなった場合、回復する可能性はあるのでしょうか。専門家に聞いてみました。

1歳児のママからの相談:「産後2年経過したが生理不順と月経前症候群が酷い。ホルモンが原因?」

2年前に出産しました。産前からストレスが溜まると最長で3カ月生理が来ない時もありましたが、産後は不順に拍車がかかりました。産後1年で生理が再開しましたが、短い時では3日で終わったり、長い時は1週間以上続く時もあります。生理だけでなく月経前症候群も酷く、精神的に起伏が激しくなりました。産後のホルモンバランスが原因でしょうか。(20代・女性)

産後のホルモンの乱れは様々な症状として現れる

出産でホルモンのバランスが崩れると、月経の周期や期間など様々な面に影響してきます。また、授乳や育児も体調に影響を与えます。完全に産前の状態に回復しない場合、出産で体質が変化したのかもしれません。

元々生理不順があり、出産によってホルモンのバランスが崩れたことが関係していると考えられます。経血量や月経周期、期間など産前と比べて変化することはあります。特に母乳育児の場合は、ホルモンバランスが乱れやすい傾向にあり、生理不順や無排卵月経などが起こります。(内科・看護師)
ホルモンバランスが関係していると思いますが、産後2年以上経過しているようですし、現状ではホルモンバランスの乱れというよりも、そのような体質に変化したのかもしれません。産後は、出産前と同じ状態に回復するわけではありません。精神的な起伏がホルモンバランスに関与しているかもしれませんが、出産・育児を経て環境が以前と異なっているからだと思われます。(看護師)

生理不順や不正出血は、婦人科で一度検査を!

生理不順や月経前症候群は、ホルモンバランスの乱れが原因で起きるとはいえ、別の病気の兆候である可能性もあります。症状が長引く場合、一度婦人科で検査を受けたほうがいいでしょう。

生理が1週間以上続く場合は、不正出血であることも考えられますので、一度婦人科で診てもらって下さい。その際、生理不順の改善についても相談してみましょう。また、妊娠や出産によって月経前症候群の症状が産後に強くなる方はたくさんいらっしゃいます。市販薬や漢方薬などで症状を緩和することもできますが、医療機関できちんと検査をして、自分の症状に合った薬を処方してもらいましょう。(内科・看護師)
生理日をアプリで管理していらっしゃるようですが、どのくらいの期間記録されているのでしょうか。妊娠前がどのくらい正確に生理が来ていたのかがわかりませんが、1年以上生理不順が続いていて次の妊娠も考えているのであれば、早めに専門医に相談をして治療を開始した方がいいかもしれません。(看護師)

産後2年が経過しているので、出産後から2年間ずっとホルモンバランスが乱れた状態が続いていることが考えられます。専門家の方も指摘しているように、経過が長いので、一度受診して治療の必要性について相談なさってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加