保湿

2015/03/08

子供の肌が冬に乾燥。保湿剤は必要?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子供の肌が冬に乾燥。保湿剤は必要?

乾燥する冬の季節は大人でも肌がカサつくのですが、皮膚が薄い子供だと尚更です。肌の表面がカサカサで粉を吹いている状態の子供の肌に、保湿剤は必要なのかどうか看護師さんたちがアドバイスをしてくれました。

子供の乾燥肌についての相談:「子供の肌がカサカサ。クリームなど塗った方がよい?」

4才の子供ですが、冬になり乾燥するようになったからか、肌の表面に細かい粉が吹いたような状態で、カサカサしています。痛みや痒みはないようですが、保湿クリームなど塗った方がよいのでしょうか。その場合は、子供用のクリームなどがあるのでしょうか。(30代・女性)

子供の乾燥肌は、早めのケアを!

子供の乾燥肌をそのままにしておくと、症状が悪化してアトピー性皮膚炎になってしまうこともあるようです。また敏感肌のお子さんだと、身につけている衣類などが原因の場合もあるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

子供の乾燥肌は、そのままアトピー性皮膚炎に移行する場合もあるので、皮膚を清潔にして乾燥から守ってあげましょう。身体を洗う時は、刺激の少ない石鹸や潤い効果のあるもので手を洗い、乾燥がひどい時は石鹸は使用せず、お湯だけで洗ってください。(産科看護師)
子供は冬の乾燥ですぐに肌がカサつき、乾燥して粉が吹いた状態になります。しかも敏感肌の子供ほどなりやすく、放っておくとひび割れを起こす原因になるので、子供用のクリームや敏感肌用の低刺激のものを塗ればよいでしょう。(内科看護師)
乾燥だけでなく、肌着や服の摩擦が原因かもしれません。綿やガーゼ素材で肌に優しいものを選び、それでも改善しないようなら皮膚科で軟膏を処方してもらうとよいでしょう。(産科看護師)

入浴後にクリームを塗ると効果的

お風呂上がりは水分が蒸発するので、そのままにしておくと肌が乾燥してしまいます。入浴後の清潔な肌にクリームなどを塗ると、保湿効果が高くなってよいでしょう。

お風呂上りは特に乾燥しやすいので、保湿クリームや軟膏を塗ってあげてください。市販品でも、赤ちゃんから使える刺激の少ないクリームがあります。(産科看護師)
入浴後は乾燥しやすく、かつ清潔な状態なので素早く保湿クリームを塗ることで効果が上がります。使用したクリームが身体に合わず、赤くなったり症状が悪化した場合は、皮膚科を受診してください。(消化器科看護師)
子供用のクリームも薬局などで市販されていますし、相談者様が保湿クリームを使用されていればそちらでも大丈夫です。持続性が高いのは軟膏タイプですが、今の症状であれば保湿クリームを継続することで徐々によくなると思われます。(消化器科看護師)
保湿剤はまずは手首から下に少し塗り、肌の赤みや痒みが無いかを確認してから使用しましょう。あまり合う保湿剤がなければアトピー体質の可能性もあるため、一度皮膚科に相談するのもよいでしょう。(内科看護師)

まだ小さい子供の場合、乾燥肌には早めのケアが大切なのですね。保湿クリームが肌に合わないなど何か症状が現れた場合は、一度皮膚科を受診してみるとよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加