乳がん検査

出産経験がないのに乳頭から白い液体が…検査が必要?

妊娠・出産経験がないにもかかわらず、乳頭から白い液体が出るという悩みが寄せられました。しこりは感じられないものの、家族に乳がんの罹患歴があるため心配しています。専門家の皆さんは、どのようにアドバイスしているでしょうか。

乳房についての相談:「乳頭から白い液体が出ます」

35歳女性で、妊娠・出産経験はありません。祖母に乳がん罹患歴があります。最近乳頭から白い膿のような液体が出ることがあります。乳よりももう少し粘性がある感じで、ごくごく少量です。自身で乳房を触ってもしこりのようなものはなく、特に痛みも感じないのですが、乳がんの可能性はあるでしょうか。1年ほど前にマンモグラフィー検査を受け異常なしでしたが、すぐにでももう一度検査を受けた方がいいのでしょうか。(30代・女性)

薬の副作用やホルモンの問題、腫瘍や乳輪下膿瘍かも

乳頭から白い液体が出る原因としては、胃腸薬などの副作用、乳汁を分泌するホルモンの問題が考えられます。また、乳腺の腫瘍や乳輪下膿瘍などの可能性もあるため、分泌液の色や粘稠度に注意して観察しましょう。

妊娠出産の経験がなくても、ミルクのような乳汁分泌物が出ることがあります。胃腸薬や抗うつ薬など内服している薬がある場合、副作用で乳汁分泌が起こることがあります。また生理不順がある場合は、乳汁を分泌するプロラクチンというホルモンに問題があることも考えられます。白色の乳汁分泌から血液が混ざっている場合や茶褐色や薄く黄色みがかっている場合は、乳腺に腫瘍ができている可能性もあります。(内科看護師)
乳頭部分に痒みや痛みがなければ、乳腺炎などの炎症の病気ではないと考えられます。しかし「膿のような液体が出る」ということですので、それがもし粘稠が強いのであれば乳輪下膿瘍が考えられます。これは陥没乳頭の女性がかかりやすいといわれていますが、陥没していなくてもかかることもあります。重症化すると切開が必要となることもあるので、粘稠度が強ければ一度乳腺科のある病院で診察を受けた方がいいかもしれません。(看護師)

乳がんの検査にはマンモグラフィーに超音波を併用すると安心

しこりや痛みの有無だけでは、乳がんかどうかは分からないようです。心配であれば検査を受けることを推奨します。マンモグラフィーと乳房超音波検査を併用すると、発見率が高まるようです。

乳がんにはしこりのように触れるものと触れないものがあるので、触っただけでは乳がんの有無は分かりません。また乳がんの場合、痛みが伴わないことが多いです。気になる時は検診を兼ねて検査をしましょう。マンモグラフィーと合わせて乳房超音波検査を行えば、発見率も高まります。乳がんは遺伝することもありますが、喫煙や生活習慣などが関係していることもあります。(内科看護師)

乳頭から白い液体が出る原因としては、薬の副作用やホルモンの問題、乳腺腫瘍や乳輪下膿瘍などの可能性が考えられるようです。しこりや痛みの有無だけでは乳がんかどうかは分からないため、心配であればマンモグラフィーと乳房超音波検査を受けてみましょう。


2016/12/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)