息抜き・小ネタ

2016/12/16

ネットで手に入れたアノ薬…4割が危険なニセモノ(偽造医薬品)だった!

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

ネットで手に入れたアノ薬…4割が危険なニセモノ(偽造医薬品)だった!

2016年11月24日(水)、EDの治療薬を国内で正規に販売をしている製薬会社4社による合同のプレスセミナーが開催されました。
セミナーでは、今年で2回目となる「偽造ED治療薬」に関する合同調査の結果が報告され、国内でインターネットから入手したED治療薬を専門的に鑑定した結果、その4割がニセモノ(偽造医薬品)だったという衝撃的な事実が明らかになりました。

診断されていない潜在患者を含めると、1000万人以上にものぼるとされている日本のED(勃起障害)患者。
ネットで購入した薬にどんな危険がはらんでいるのか、合同調査の結果を詳しくご紹介しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加