逆子

逆子体操はつらくても続けなくてはいけませんか?

お腹が大きくなるにしたがい、ママが気になってくることの1つに赤ちゃんのお腹の中での姿勢があります。逆子に悩む妊婦さんからの相談に産婦人科の看護師さん達の答えは?

逆子の妊婦さんからの相談:「逆子体操がつらいです。やらないと駄目でしょうか?」

逆子を指摘され、病院で逆子体操を勧められました。32週までに逆子が治らないと治りにくいと聞きました。左を下にして寝るように言われたのですが、次の健診では反対向きの逆子になっていたので右を下にして寝るように言われました。逆子体操も姿勢がつらく、無理にすると、へその緒が首に巻き付いて逆子が治らなかったと聞いたので、怖くなりやらなくなりました。頑張ってやらなくてはいけないものなのでしょうか。(20代、女性)

逆子が治らないと、難産になる可能性も

逆子のままで出産を迎えると、難産になる可能性や緊急帝王切開になることも。矯正には、逆子体操の他に方法がないようです。

逆子は普通に産まれてくる子に比べて辛い姿勢で産まれてこなければならず、難産になる可能性や、上手く産まれてこない時は緊急帝王切開になる可能性もあります。医師が体操を勧めているのであれば続けておいた方がいいと思います。出産時にスムーズに産まれてこないと、その分、赤ちゃんも辛い思いをします。なるべくなら出産時に逆子ではない方が良いです。(一般内科看護師)
逆子は出産ぎりぎりでも治る場合があります。なかなか矯正されないからと、あきらめてしまう方も多いのですが、逆子の矯正に、体操に変わるものがないのが事実です。医師が、お腹を触って矯正する場合もありますが、これは陣痛を誘発しやすいため、出産日が近づいてから行われます。(産婦人科看護師)
最近は、逆子体操を推奨する医師と、しない医師がいますが、逆子体操は無意味ではありません。逆子体操を勧めないのには、早産の可能性がある場合、同じ逆子でも胎児の位置や姿勢によって、矯正が困難な場合、前置胎盤や骨盤の狭さなどで事前に帝王切開が予定されている場合などの理由があります。また、へその緒が巻き付いている場合も逆子体操はできません。(産婦人科看護師)

医師が勧めているなら、逆子体操を続けましょう

逆子体操は続けた方がいいようですが、お腹が張る時はお休みすることも大事です。

体操する時は赤ちゃんに話かけながら、一緒に体操するイメージで、ゆっくり深呼吸をして、気持ちを落ち着けて行って下さい。先生や看護師に体操のコツを教えてもらうとよいでしょう。(産婦人科看護師)
頑張りすぎて無理をしない、お腹が張る時は体操する必要ありません。また、胎動の位置が変わったと思う時も体操を止めて様子を見て下さい。お腹を触って硬いほうが、赤ちゃんの背中ですから、背中が上になる姿勢で横になるといいでしょう。また、逆子矯正の骨盤ベルトもありますから、試してみて下さい。(産婦人科看護師)
妊娠後期になると、赤ちゃんの動きが活発になるため、逆子が治ったと思っても、また逆子に戻ったりしますが、医師から止めていいと言われないうちは、頑張って続けて下さい。(産婦人科看護師)

逆子は出産ぎりぎりに治る場合もあるようですから、医師が勧めているなら諦めずに体操をがんばってみましょう。逆子矯正の骨盤ベルトの利用も検討してみて下さい。


2015/03/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)