美容・ダイエット

乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

乾燥する季節になりました。
冬は、化粧水や乳液などでお肌をたっぷり保湿しても、
暖房や外気にさらされてお昼頃には乾燥してカピカピになってしまいますね。

お肌だけでなく髪の乾燥も気になるこの季節。
ここでは、乾燥に負けないお肌と髪づくりに効く食べ物についてお話ししたいと思います。

「肌が乾燥する原因」あなたはいくつ当てはまる?

・暖房の効いた乾燥した部屋にいることが多い
・寒風に肌をさらす機会が多い
・喫煙習慣、過労、睡眠不足などが日常的にある
・栄養素のアンバランスを自覚している
・オイルが入っていない化粧品でスキンケアしている

当てはまる項目が多いほど、皮脂分泌の低下(皮脂が減って皮膚から水分が蒸発すること)が起こりやすくなっていて、肌が乾燥しやすくなる状況にあるといえます。
まずは、生活習慣と普段のスキンケアを見直してみましょう。

生活習慣対策

喫煙や過度なストレスは、末梢血管の血流障害を招き、肌に栄養が届きづらくなります。
身体にとってマイナスの影響を及ぼす生活習慣は、できる限り取り除きましょう。

スキンケア方法の見直し

朝晩は、しっとりタイプの化粧水と、油性の美容液、クリーム、
スキンオイル等でお肌に水分と油分をたっぷり与えましょう。
日中は、こまめにミスト化粧水で保湿してお肌を乾燥させないようにします。
水分と油分が失われた乾燥肌は、放っておくとしぼんだ風船のようにしわの原因となります。

食事でできる乾燥肌防止対策:こんな栄養成分をとろう!

生活習慣とスキンケア方法を見直したら、
お肌の健康を保つためにたんぱく質やビタミンをとり、
身体の内側からきれいにしていきましょう。

乾燥肌防止のため必要な栄養素

・たんぱく質

赤身の肉、魚介類、卵、大豆製品など。
皮ふ細胞をつくるたんぱく質が不足すると、トラブルが起こりやすくなります。

・ビタミンA

モロヘイヤ、にんじん、うなぎ、レバーなど。
皮ふや粘膜を正常に保つ働きがあり、乾燥肌やしわなどから肌を守ります。

・ビタミンE

植物油、アーモンド、モロヘイヤ、南瓜など。
血行をよくし、肌にうるおいを与え、細胞の老化を防ぎます。

・ビタミンC

赤黄ピーマン、ブロッコリー、柿、キウイ、いちごなど。
細胞の強化、メラニン色素の働きを抑える効果もあり、
しみやそばかすの改善に役立ちます。

髪やお肌に効果的な食事とは

まずは、たんぱく質を毎食とりましょう。
お肌や髪の原料となるたんぱく質を多く含む肉、魚、豆腐などを
毎食手のひら一枚分とる習慣をつけたいですね。
菓子パンとコーヒーで済ませたり、具の少ないラーメンなどではたんぱく質が不足します。

良質なたんぱく質を多く含む食品(一回に食べる目安量)

・かつお刺身(100g):たんぱく質25.8g
・本まぐろ刺身(80g):たんぱく質21.1g
・うなぎ串焼き(100g):たんぱく質23.0g
・豚もも肉  (80g):たんぱく質16.4g

最後にダイエット中の方へのアドバイス。

油を全く摂らないダイエットは乾燥肌の原因となります。
油の主成分である脂質は皮ふを作る主材料であり、
脂溶性ビタミンの吸収を助けたり、必須脂肪酸の供給源になります。

不足すると肌荒れの原因となり、女性の場合は月経不順になることもあるので、
注意が必要です。

<執筆者プロフィール>
田口 絢子(たぐち・あやこ)
茨城県生まれ。
管理栄養士、糖尿病療養指導士、ソーシャルスキル協会認定健康栄養カウンセラー
都内4か所の病院で給食・栄養管理経験を経て独立
栄養相談、献立作成、食と健康に関する記事の執筆、栄養学翻訳など活動中

【関連記事】

「肌」と「皮膚」は別のもの? 健康的な美肌について
あらためて「健康な肌」について知ろう
小鼻の毛穴、ベストなケアはどうすること?


2016/12/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部