乳がん

授乳中、左胸に大きなしこり…母乳の塊、それとも乳がん?

授乳中のママから、乳房に大きなしこりがあって心配という相談が寄せられました。乳がんか母乳の塊か、見分け方や病院での検査について専門家の皆さんに聞いてみましょう。

ママからの相談:「授乳中の胸の大きなしこり」

生後1カ月の子どもに授乳中の36歳です。出産後1週間経った頃から、左胸に鏡で見ても分かる程の大きなしこりを感じるようになりました。乳がん検診には定期的に行っており、前回は妊娠中で、次回は授乳が終わってから来るよう言われました。お乳が溜まってしこりになることもあると産婦人科で言われましたが、実母が乳がんを経験しているため心配です。今でも検査をすれば、これが乳がんかお乳の塊かすぐに分かるのでしょうか。(30代・女性)

弾力や動きがあり、触ると痛いのは乳腺の詰まり

しこりが乳腺のつまりか乳がんかどうかは、しこりの性状によってある程度見分けることができます。弾力や動きがあり、触ると痛みを伴い、授乳すると改善する場合は、乳腺の詰まりのようです。

授乳中のしこりは殆どが乳腺の詰まりによるものです。しこりは弾力性があり、触れると痛みを伴い、動きがあります。乳がんのしこりは石のように固く、皮膚に張り付く感じで動きがありません。授乳すると改善される場合は、乳腺の詰まりによるものです。(産科看護師)

超音波や触診による検査が可能です

安心感を得るには、やはり医療機関を受診するのが一番でしょう。乳腺の発達している授乳中は、検査法によっては判断がつきにくいため、可能であれば乳腺外来を受診し、超音波や触診による検査を受けましょう。

授乳中は乳腺が発達していますから、乳がんの検査を受けても正しく判断ができない場合があります。特にマンモグラフィーでは判断しにくいので、超音波の検査を受けると良いでしょう。超音波や医師が触って判断できると思います。(産科看護師)
機関によっては授乳中は乳がんの検査ができない所もあります。まずは乳腺外来を受診してはいかがでしょうか。(産科看護師)
安心感を得るためには、医療機関を受診されるのが最も確実な気がします。受診の際には乳腺外来等がある診療科が望ましいと思いますが、授乳中は受診も大変ですし、遠方であれば出産した産婦人科に相談してみると良いと思います。(内科看護師)

授乳中のしこりは、殆どが乳腺の詰まりによるものです。特に弾力や動きがあり、触ると痛みを伴うものはその可能性が高いようです。医療機関で検査をする場合は、可能であれば乳腺外来を受診し、超音波や触診による検査を受けると安心です。


2016/12/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)