乳がん

2016/12/27

祖母が乳癌に…孫にも遺伝する?発症率はどのくらい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

祖母が乳癌に…孫にも遺伝する?発症率はどのくらい?

今回は20代の女性からの相談です。祖母が乳癌で亡くなり、他にも近親者に癌患者が多いため、癌家系なのではと悩んでいます。遺伝による癌の発症率はどの位なのでしょうか。専門家に聞いてみました。

乳癌についての相談:「癌は遺伝しますか?」

26歳の女性です。祖母が乳癌で他界しており、近親者には他にも癌患者が数人います。今は自分の身体に特に違和感はないのですが、将来自分も癌になるのではないかと心配です。特に乳癌は遺伝性もあると聞いた事があり、不安です。祖父母に癌患者がいる場合、孫の代で癌を発症する確率は何%位でしょうか。もし今の段階で食事や生活習慣などで予防できるのであれば、教えてください。(20代・女性)

遺伝による乳癌発症は5~10%。遺伝子が必ず発症するとは限らない

遺伝による乳癌の発症は、全体の5%程度だと言われています。一親等に3人以上、もしくは2人以上が40歳未満で発癌している場合は遺伝によるものが考えられます。

癌の発症に遺伝が関与しているとも言われますが、乳癌の場合5~10%が遺伝によるものと言われ、血縁者に両側性、多発性の乳癌、他の臓器の癌を合併、男性乳癌を発症、卵巣癌の人が複数いれば、癌になりやすい体質を受け継いでいると考えられます。しかし、乳癌の約8割は家族歴に関係なく発症しており、生活環境や食生活などが複雑に関与していると言われています。(血液・腫瘍科看護師)
乳癌が遺伝するかどうかですが、確率は5%あるかないかです。乳癌になりやすい遺伝子についての報告もあるようですが、その遺伝子を持っているからといって絶対に乳癌になるかというと必ずしもそうとは言えません。近親者に多いということですが、たまたまそうなのかもしれません。一親等に3人以上、もしくは一親等に2人以上かつ40歳未満での発癌が遺伝によるものと考えられます。(皮膚科看護師)

8割は生活習慣や食生活などに起因。生活を見直し定期的に検査を

癌が多い家系といっても、同じ生活環境が原因かもしれません。癌になりにくい生活や食事を心掛け、早期発見のために定期検診を受けましょう。

癌家系といっても必ず遺伝する訳ではなく、同じような生活環境・食生活を送っている事で癌を発症しやすくなります。癌を予防する明確な方法はありませんが、他の疾患予防のためにも規則的な生活で、塩分控えめ、低カロリーのバランスの取れた食事を心掛けましょう。ストレスを溜めず、睡眠は十分に摂りましょう。また早期に癌を見つけるには、定期的に検査を受けるしかありません。(血液・腫瘍科看護師)
早期発見できるよう定期的に検診を受ける、日頃の生活習慣を見直して健康を維持できるよう努めましょう。基本的な事ですが、禁煙、ストレスを溜めない、バランスを意識した食生活を心掛けてください。(皮膚科看護師)

親族に癌が多いのは、生活習慣や食生活が似ているせいかもしれません。癌が遺伝するといっても、その確率は約5%です。遺伝かもと悩むより、バランスの良い食生活やストレス解消に努めるなど、癌になりにくい生活を心掛けて早期発見のために定期的に健診を受けましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加