食事マナー

もうすぐ2歳、スプーンを全く使いません!

子どもが食事でスプーンなど道具を全く使わないことに悩むママからの相談に、看護師さんはどのように答えているでしょうか。

2歳のママからの相談:「スプーンなど道具を使って食事させるには、どうすればいいのでしょうか?」

もうすぐ2歳になる息子が、まだ手掴みで食事をしています。1歳くらいからスプーンやフォークの練習をさせていますが、全く使いません。上手く使えず最終的に手掴みで食べる、というのなら分かるのですが、持つだけで使って食べようとしません。他のお子さん達はそれなりに使っているので心配です。検診で問題と指摘されたことはありません。声かけや親の注意の仕方など、やる気にさせる方法があれば教えてください。(30代・女性)

手掴み食べは、食事の基本動作

手でつかんで食べる行動は、食事の基本を学習するうえで大切な過程です。道具を使った食事は個人差もあるので、焦らず見守るよう教えてくれました。

掴み食べはお行儀が悪いようですが、自分の手で食べる事で口に合った量を覚え、自分のペースで食べられるようになります。また、手で食べ物に触れることで手の感覚機能が発達します。お母さんは心配でしょうが、悪いことではありません。赤ちゃんが食べものに興味を持って自分から食べようとする成長の過程ですから、もう少し見守ってください。(精神科看護師)
2歳であれば、まだ手掴み食べ全盛期です。スプーンなど道具の使い始めには個人差があり、1歳代で上手に使用出来る子もいれば、3歳くらいで移行する子もいます。手掴み食べは、手で持つ事で硬さや温度を知り、食べこぼしたり口に入れ過ぎたりを繰り返しながら自分の一口量を調整していくことを覚える食事の基本動作です。そのため、スプーンやフォークは、手掴み食べを継続させながら練習することをお勧めします。(小児科看護師)

スプーンを持って、使い方を教えてみて

スプーンを使った食事の教え方や、興味をひく方法をアドバイスしてくれました。

スプーンを握るのでしたら、お母さんも一緒にスプーンを持って食べ方を教えてください。お子さんに食べ物をのせたスプーンを握らせて、口まで運んでもいいでしょう。出来たら大袈裟にほめてください。(精神科看護師)
食事の時はひっくり返しても大丈夫なように汁ものは手の届かない所に置き、お皿はプラスチックを使い、新聞紙やビニールシートをひいておくと片づけが楽になります。掴み食べをした子はスプーンの導入もスムーズにいくと言われていますから、頑張って続けてください。(精神科看護師)
お子様がスプーンを持ったら、手を添えて口に運ぶのを手伝ってあげてください。慣れてきたら、手を添える頻度を減らしていくと徐々に出来るようになっていくでしょう。周囲の大人がスプーンやフォークでお食事すると、お子様の興味を惹いてまねをして使いたくなる事もあります。(小児科看護師)

手掴み食べは、食事の基本を学習する大切なステップです。個人差もあるのでもう少し見守ってあげてください。自分でスプーンを持ったときは口まで運んで練習したり、周囲の大人がスプーン等で食べる様子を見せると良いでしょう。


2016/12/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)