地域情報

東京都武蔵野市、市報で地域子育て情報を発信

「市報むさしの」

東京都武蔵野市は、毎月1日と15日に発行している「市報むさしの」に、地域の子育て支援事業を掲載しています。

市報で紹介されるのは、主に市内の幼稚園や子育て支援施設で開催される親子の交流会・勉強会などです。これらの行事については、同市ホームページでも概要を見ることができます。

1月の子育て情報

来年1月に開催される予定の催しは、幼稚園が9種類、子育て支援施設が13種類、保育園が2種類となっています。

幼稚園では、親子交流会や子育て勉強会のほか、園庭が開放されて保護者同伴の子どもが自由に遊ぶことができたり、園の先生による紙芝居や絵本読み聞かせがあったりと、親子が一緒に時間を過ごせる催しが開催されます。

子育て支援施設や保育園では、子どもの年齢に合わせた交流会が多く開かれ、0歳の赤ちゃんでも参加できる催しもあります。

参加を希望する場合

子育て事業の中には無料で参加できるものと、少額ながらおやつ代などの費用がかかるものとがあります。

また、年齢や定員の制限、事前申し込みが必要な催しもありますので、参加を希望する場合には、市報掲載後、各施設に電話で問い合わせることをおすすめします。

詳しくは同市ホームページまで。

参考サイト

市報むさしの 12月15日号


2016/12/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部