無痛分娩

無痛分娩。医師によっては痛みを伴うことがある!?

分娩時の痛みを緩和させるための無痛分娩ですが、麻酔科医がいる病院といない病院とではどのような違いがあるのでしょうか。医師によっては麻酔が上手く効かず痛みを伴うこともあるようですが、無痛分娩について看護師さんたちに尋ねてみました。

無痛分娩についての相談:「無痛分娩は、麻酔科医がいる病院じゃないとダメなの?」

無痛分娩を希望しています。麻酔科医がいる病院は痛みのコントロールが上手だけど、麻酔科医がいない病院だと産婦人科医が硬膜外麻酔をするので、あまり上手くないと聞いたことがあります。帝王切開の麻酔方法と同じだと思うのですが、どのような違いがあるのでしょうか。また、和痛分娩と無痛分娩の違いを教えてください。(30代・女性)

痛みに応じて麻酔の量を微調整

無痛分娩も帝王切開も同じ麻酔です。しかし、無痛分娩の場合は痛みの強弱に合わせ麻酔の量を調整する必要がありますし、痛みの感じ方や麻酔の効き方には個人差があるため、専門の麻酔科医の方が安心なようです。

無痛分娩も帝王切開も、脊椎や硬膜外という箇所から麻酔薬を注入しますが、無痛分娩は陣痛を和らげるもので、帝王切開は胸から下を麻痺させ痛みを全く感じないようにします。(産科看護師)
帝王切開の場合は薬を注入するだけですが、無痛分娩の場合はチューブを挿入し固定するので、チューブによるトラブルを避けるため麻酔科医が行うのが主流のようです。(産科看護師)
麻酔量の調整は専門の知識が必要で、痛みの強弱により薬の量を適宜調整しなければなりません。赤ちゃんを取り上げる産科医が、分娩中に麻酔の量を微調整するのは難しいため、専門医が行う方が適切と考えられます。(産科看護師)
痛みの調整については医師の技術もありますが、痛みの感じ方は個人差があるため、産科医が上手くないというわけではないでしょう。しかし安心して無痛分娩を行いたいなら、やはり専門医がいる病院がよいと思います。(産科看護師)
麻酔科医によって、やはり技術に差はあるようです。麻酔をうける人によっては、上手く腰椎に針が入らず苦戦する先生もいて、その時はかなり痛いと思います。無痛分娩を希望する場合は、きちんとした麻酔科医がいる病院がよいと思います。帝王切開の場合も同じで、人によっては麻酔が効きにくいこともあるため、麻酔科医でも時々上手くいかずに全身麻酔で帝王切開をする場合もあります。(内科看護師)

和痛分娩と無痛分娩は同じ

無痛分娩といっても全く痛みが無いわけではなく「痛みを和らげる」ものなので、呼び方に違いはあるものの、和痛分娩と無痛分娩は同じだと言われています。

和痛分娩と無痛分娩の明確な違いはありません。「和痛」とは痛みを和らげるものであり、無痛分娩も完全に痛みを除去するものではなく痛みを和らげるものなので、無痛分娩のことを和痛分娩と呼ぶ病院もあります。(産科看護師)
和痛分娩も無痛分娩と同じく痛みに応じて麻酔を使うので、それほど変わりはありません。無痛分娩でも、腰椎麻酔となると針も少し太いので普通の注射よりも痛いです。何にしても全く痛み無しでできる方法はありません。 (内科看護師)

無痛分娩の場合、痛みに合わせて麻酔の量を微調整する必要があるのですね。また無痛分娩と言っても痛みが皆無ではないようですし、担当医とよく相談の上決定するとよいでしょう。


2015/03/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)