教育

2017/01/04

健全な金銭感覚を育む「子どものお小遣いルール」

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

健全な金銭感覚を育む「子どものお小遣いルール」

友だちがお小遣いを使っている姿を見れば、「○○ちゃんはいいな~、ボク(わたし)も欲しい」と子どもが思う心情は、当然といえるでしょう。
また子どもから「○○ちゃん家はお小遣いをもらっている」と聞けば、親は「うちはどうしよう?」と悩むのも自然な流れかもしれません。

ここでの悩みどころは、子どもにお小遣いを与え始める「年齢」と「金額」です。
家庭ごとに事情が異なりますし、基準を判断するのは難しいですよね。そもそも子どもにとってのお小遣いの意義とは何なのでしょうか。
わが子の顔を思い浮かべながら、いっしょに考えてみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加