水分摂取

2017/01/05

風呂あがりや暑い季節、赤ちゃんの水分補給はどうすれば?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

風呂あがりや暑い季節、赤ちゃんの水分補給はどうすれば?

赤ちゃんの水分補給は母乳だけで足りているかを心配しているママから相談が寄せられました。夏やお風呂上りなどは、母乳以外に白湯などで水分補給したほうがいいのでしょうか?専門家の皆さんは何とアドバイスしているでしょうか。

0歳のママからの相談:「生後1カ月の水分補給について」

生後1カ月になり、授乳間隔も以前より空いてきました。現在完全母乳で育てていますが、母乳だけで水分は足りているのでしょうか。夏は授乳のとき以外にも水分補給をした方が良いのか気になっております。お風呂上がりに白湯などを飲ませた方がいいのでしょうか。(30代・女性)

赤ちゃんの水分補給は母乳で十分です

赤ちゃんのうちは、母乳を飲むことで水分補給は足りているようです。体重の増加やおしっこの回数で、水分が足りているかどうかが判断出来ます。

赤ちゃんの場合夏場は通常、母乳だけで足りています。沐浴後や散歩から帰宅した後など汗を多くかいたときは、ベビー用の麦茶や白湯を与えてもいいでしょう。ベビーイオン飲料など電解質を補給できる飲み物がありますが、ベビー飲料は生後6カ月以上経過してから与えるのが望ましいでしょう。早い時期に与えると消化機能が未熟な赤ちゃんは、下痢をしたり体調を崩すことがあります。(内科看護師)
離乳食が始まるまでは、水分補給は母乳で十分です。水分が足りているのかいないかの判断は、体重の増加やおしっこの回数をみれば分かると思います。体重が増えていて、1日に10回前後のおしっこが出ていれば心配ないでしょう。(産科看護師)

夏は母乳を欲しがるだけ与えましょう

喉が渇くと、赤ちゃんの方からおっぱいを欲しがるようです。夏場は決まった授乳時間にかかわらず、欲しがるだけ飲ませてあげると良いでしょう。

夏場は赤ちゃんも喉が渇くため、おっぱいを欲しがる回数が増えてきます。夏は授乳時間を気にせず、おっぱいを欲しがっている様子なら喉が渇いている可能性があるので母乳を与えて下さい。冷たい飲み物は赤ちゃんの胃腸に負担になってしまうため、常温の飲み物を与えます。水分の与え過ぎは下痢などの原因にもなりますので、現在は母乳を欲しがるだけ与えるようにして下さい。(内科看護師)
お風呂上りや汗をかいたときは、まず母乳を飲ませてください。白湯を飲ませても良いですが、哺乳瓶に慣れていませんし、味がないので嫌がると思います。最初は舐めさせる程度にしてください。また、まだ消化機能が発達していませんから、果汁はあげないようにしてください。喉が渇けば、赤ちゃんの方から母乳を欲しがると思います。(産科看護師)

離乳食が始まるまでは、赤ちゃんの水分補給は母乳で十分足りています。喉が渇けば赤ちゃんの方から母乳を求めてきますので、夏は授乳時間を気にせず欲しがるだけ与えるとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加