話題・時事ネタ

クラウドファンディングで資金調達、子育て風呂敷術「結び屋ゆいく」

無料リーフレット発行のため

札幌を拠点に、風呂敷を使った育児法などを伝えている非営利市民団体「さっぽろ子育て風呂敷術『結び屋ゆいく』」は、12月下旬から、無料リーフレット発行のための資金調達をクラウドファンディングで行いました。

現在では目標を超えた金額が集まったため、同団体が法人化するための資金調達へと変更し、1月31日まで継続する予定です。

クラウドファンディングは、1口3,000円から。支援者は完成した無料リーフレットと風呂敷のセット、さらに紙面登場権などが得られます。

事業内容

同団体では、札幌市の主婦8人が風呂敷を使ったアイディア育児法を、ワークショップ、無料リーフレットの配布、ホームページ、ブログなどを通して伝える活動を行っています。

2016年6月に発行した無料リーフレット5,000部は約1ヶ月で全て配り終え、札幌以外の地域からも反響がありました。そこで、今度は10,000部を作成し、全国向けに配布する計画です。

風呂敷を使った育児法

同団体代表のブログには、子育てにおける風呂敷の便利な使い方が紹介されています。

例えば、雪道のためベビーカーが使えなくなる冬の北海道で、赤ちゃんを抱っこしながらママバッグを持つ困難を解消するため、風呂敷一枚あればママバッグの中身が軽くなることなどを伝えています。

参考サイト

結び屋ゆいくホームページ


2017/01/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部