調査・アンケート

2017/01/06

子供や青少年の有害サイトへのアクセスランキングをカスペルスキーが発表

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子供や青少年の有害サイトへのアクセスランキングをカスペルスキーが発表

保護者による管理機能の統計データを利用

12月22日に、ウイルス対策ソフトの開発および販売を行っているカスペルスキー社が、同社の販売しているカスペルスキーの各種セキュリティソリューションに搭載された「保護者による管理」機能の統計データをもとに、子供や青少年など対象となるユーザーの危険なWebサイトへのアクセス動向を分析したことを発表しました。

同機能は、一般的にフィルタリング機能と呼ばれているもので、有害サイトのフィルタリングやコンピューターやインターネット利用による悪影響が子供や青少年に及ばないよう保護するための機能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加