食べられない

2015/03/12

つわりで食べ物がのどを通りません

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

つわりで食べ物がのどを通りません

妊娠中は多くのママが、つわりのため思うように食事を食べられなくなってしまいます。妊娠初期で吐き気がひどく、きちんと食事ができないため赤ちゃんへの栄養が足りていないのではと悩むママに、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

プレママからの相談:「つわりで赤ちゃんの栄養が心配です。気をつけるべき食品についても教えてください。」

妊娠初期です。つわりが始まって以来食べ物がほとんどのどを通りません。唯一食べやすいのがミント味のガムやコンビニのおにぎりなどです。赤ちゃんに栄養はいっているから心配しなくてよいと先生に言われましたが、あまり身体に良くないものばかりなので心配です。食べられなくても、ある程度栄養に気をつけるべきだと考えますが、食べすぎない方が良い食品や気をつけた方が良い食品はありますか?(30代、女性)

つわりのときは、無理して食べなくて大丈夫。

妊娠初期はお母さんの身体に蓄えられた栄養で育つため、無理に食事をしなくても問題ありません。食べられるときに、食べられるものを食べれば良いと教えてくれました。

妊娠初期は、お母さんに蓄えられた栄養で赤ちゃんは育ちますから、急激な体重減少がなければ、つわりのときは無理して食べる必要はありません。無理に食べようとするストレスはつわりの症状を悪くします。食べられるときに食べられるものを召し上がってください。(産科・婦人科看護師)
嘔吐が続き水分が摂れないような重度の場合には、点滴などの治療が必要になります。この先、さらに食べられない、嘔吐してしまう、起き上がるのが辛いような場合には、早急に病院を受診し相談するようにしてください。(産科・婦人科看護師)

インスタント食品などは控えてください

インスタント食品や惣菜などは塩分や添加物を多く含むため、控えるようにします。ご飯を冷まして食べる、レモンや生姜などを活用するなど食べやすくする工夫についても教えてくれました。

妊娠中はにおいに敏感になります。特に、炊き立てのご飯の香りは吐き気を誘発しますから、ご飯やおかずは少し冷ましてから食べるようにしてください。料理にレモンや生姜、酢などを使うと、味がさっぱりします。(産科・婦人科看護師)
つわりの吐き気を抑えるためには、空腹にならないことです。小さいおにぎりやサンドイッチなど手軽なものを常備して、いつでも食べられるようにしておくと良いでしょう。野菜や果物は、ジュースやスムージーにすると摂りやすくなります。吐き気がある時は、レモン水を氷にして口に含むと、口の中がさっぱりして水分補給にもなります。(産科・婦人科看護師)
ジャンクフードやインスタント食品、コンビニ弁当や惣菜には塩分や添加物が多く使われていますから、控えたほうがいいでしょう。スナック菓子や洋菓子も脂肪分や塩分を多く含みます。炭酸飲料はさっぱりして飲みやすいですが、糖分の過剰摂取を避けるため少量だけ飲むか、砂糖を使っていないものを選んでください。(産科・婦人科看護師)

妊娠初期の赤ちゃんはお母さんの体内に蓄えられた栄養で育ちます。無理はせず、さっぱりしたものなど食べられるものを、食べられる分だけ食べれば問題ありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加