不妊の原因

フーナーテストで精子死滅と判定…原因と治療法は?

不妊に悩むカップルは、年々増加しているといいます。第1子妊娠前の検査結果から第2子を考えるにあたり、不妊治療が必要ではないかと悩むママに対し看護師さん達はどのようなアドバイスをしているでしょうか。

フーナーテストについての相談:「精子死滅の原因は?女性側の治療が必要?」

不妊専門病院の受診を経て、妊娠・出産しました。以前通っていた病院でフーナーテストを行った際に「精子が死滅している」と言われましたが、原因の説明はありませんでした。その後もなかなか妊娠せず、諦めるか体外受精かを考え始めた頃、自然に授かることができました。精子死滅の原因が子宮頸管粘液の問題なら、私自身の治療が必要なのか、またどんな治療があるのか、第2子を考えるにあたり疑問に思っています。(30代・女性)

精子死滅の原因は子宮頚管粘液と精子の相性によるものか

精子死滅の原因は、子宮頚管粘液と精子の相性が良くことが考えられます。ただし一度の検査で断定することができず、自然妊娠することもあります。

フーナーテストで「精子が死滅している」と言われた結果から考えられることは、子宮頸管粘液と精子の相性が良くないことです。男性側の精子の運動率が低いことや無精子症、女性側では抗精子抗体の可能性があります。フーナーテストは検査のタイミングが難しく、体調により変動しやすいので一度の検査では断定できません。そのためフーナーテストの結果が良くなくても、自然妊娠する場合があります。(婦人科看護師)

子宮頚管粘液の異常にはいくつかの原因と治療法がある

精子死滅の原因が子宮頚管粘液の異常だった場合、その原因や治療法はいくつかあります。治療方法は、主治医と相談して決めます。

もし子宮頚管粘液が原因だとしても、異常にはいろいろなケースがあります。ホルモンバランスの乱れやエストロゲンの分泌量が少ない為に頸管粘液が少ない場合は、エストロゲンの分泌を増やすための治療が必要となります。エストロゲンを注射して直接増やす方法もありますし、分泌を促すための薬を使用する方法もあります。治療方法については、主治医と本人が相談して決めます。(看護師)
仮に精子死滅の原因が子宮頸管粘液にあるとしたら、いくつかの治療法があります。頸管粘液の減少を防ぐためのHMG-HOG療法、子宮頸管の炎症を取り除く抗生物質投与などです。もし抗精子抗体が陽性でも、抗体値によってはタイミング法や人工授精により妊娠できることもあります。しかし実際は、人工授精か体外受精を選択する場合が多いようです。(婦人科看護師)

精子死滅の原因は子宮頚管粘液と精子の相性が良くないことが考えられますが、一度の検査で断定することはできないそうです。仮に精子死滅の原因が子宮頚管粘液の異常によるものだとしても、原因や治療法は様々なので主治医とよく相談してください。


2017/01/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)