産後の生理

産後1カ月半で生理が再開しました

母乳育児の場合、母乳を飲ませている間は排卵が起きにくいのでしばらく生理は来ないのではと思ってしまいがち。しかし、産後1カ月半で生理が再開したことに不安を感じている質問者さん。これに対して看護師さん達はこのように回答しています。

27歳女性からの質問:「産後1カ月半の生理再開は普通ですか」

産後1カ月半が経ち悪露も無くなってきた頃、急に生理のような出血がありました。上の子は活発、赤ちゃんも夜泣きがあるため、産後は全く休めていません。身体的に疲れて悪露が復活したのかと様子を見ていましたが、どうやら違うようです。次の月から1週間程度の出血が始まったため、月経だったことがわかりました。母乳をたくさん飲ませているのに、産後1カ月半で生理が再開するのは普通でしょうか。(27歳・女性)

再開の時期には個人差がある

生理再開までの期間には個人差があるので、母乳育児と関係なく早い人も遅い人もいるようです。ただ、出血が生理なのかどうかは念のために確認しておいたほうがよいでしょう。

産後の生理の開始には個人差があり、1年再開しない方もいれば、母乳栄養であっても1カ月で再開される方もいます。授乳していれば再開しないわけではなく早く再開しても異常なことではありません。子宮が健康な状態に戻ってきたということです。最近はお母さんの栄養状態がよくなり、以前に比べて早い段階で生理が再開される方が増えてきています。(産科・婦人科看護師)
生理が出産後1~2カ月で来るケースもあるようです。大抵は悪露だと思っていたのに、定期的に来るようになり生理だと気づきます。生理が早く再開するのは身体の回復が早いためで、再開までの期間は個人差が大きいといわれています。授乳中はホルモンの影響で生理が安定しなくても、心配することはありません。しかし、生理だと思っていたら不正出血だったというケースもあるので、産科を受診し、生理であることを確認された方が安心です。(一般内科看護師)

ストレスや疲れが影響している可能性も

産後の育児疲れでホルモンのバランスが崩れ、生理に影響している可能性もあります。生理に異常を感じなければ、特別心配する必要もないようです。

生理が始まっても授乳にはさしつかえなく、頻回の授乳でまた止まることもあります。まだ子宮は疲れた状態で、出血量にばらつきがあったり、日数や周期も安定しないと思いますが、完全に体調が戻るまでは心配ないでしょう。明らかに量が増えたり、臭いがきつい時は主治医に相談してください。また、細菌感染や刺激に敏感な時ですので、パットはこまめに取り替え、陰部の清潔を心がけてください。(産科・婦人科看護師)
授乳中はプロラクチンというホルモンの分泌が盛んになり、排卵を抑える作用があるので生理の再開が遅れがちです。しかし産後に限らず、生理は些細なことで左右されます。脳の中で排卵をコントロールしている部分は自律神経の影響を受けやすく、ストレスや疲れでホルモンバランスが崩れ、生理に影響します。疲れもホルモンバランスを崩す要因になります。(産科・婦人科看護師)

個人差があることなので、生理そのものに異常がなければ心配することはないようです。但し細菌感染に気をつけ、念のために不正出血でないか医師に確認しておくことが大事です。


2015/03/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)