産後の腰痛

出産後の腰痛、大丈夫なのでしょうか?

妊娠前から腰痛に悩んでいる場合、出産後の腰へのダメージはどうなってしまうのか心配なもの。出産直後に病室まで1人で歩いた際、まともに歩けず、腰が大丈夫なのかという心配に、看護師さん達の回答はどうでしょうか。

34歳女性からの質問:「出産直後まともに歩けませんでした」

立ち仕事が多く元々腰痛持ち。マッサージや整体で過ごしてきましたが、妊娠後期になって痛みがさらに激しくなりました。骨盤ベルトも使用しながら第1子を出産。普通分娩だったからか出産して2時間もしないうちに、1階の部屋へ移動してくださいと2階の分娩室から1人で歩かされました。立つのがやっとでまともに歩けず、カクカクしながら数cmずつ移動、ベッドに倒れこみました。腰は大丈夫なのでしょうか。(34歳・女性)

腰痛が起きないよう心がけたいこと

出産直後は骨盤がまだ緩んでいるため、普段どおり歩けなくても不思議なことではありません。産後はこれまで以上に腰を大事に、腰痛を抑える体操も覚えておきましょう。

産後は骨盤の関節が緩んだままですので腰痛を起こしやすく、安静が必要な出産直後に歩いて1人で移動したのはかなりきつかったと思います。産後の骨盤の緩みや、ゆがみは徐々に戻ります。動き回るのは最低限にして、できるだけ安静にしてください。(産科・婦人科看護師)
授乳の時はつい前かがみになりやすく、肩こりや腰痛の原因になりますから、授乳クッションを活用してみてください。授乳クッションを選ぶポイントは、お母さんの腰回りにフィットしたもの、赤ちゃんを乗せた時に沈まないものです。長く使うためにも、できれば中の詰め物が調整できるものがいいでしょう。(産科・婦人科看護師)
腰痛がおこったら、産後の腰痛体操もあります。四つん這いになり、息を吸いながら猫のように背中を丸めます。次に息を吐きながら元の姿勢に戻します。これを数回、繰り返してください。また、仰向けに横になり、膝をたてた状態で、左右にゆっくり足を倒します。これも1日に数回、繰り返してください。腰痛が強いときは、無理せず中止してください。(産科・婦人科看護師)

改善されない場合は迷わず受診を

産後は腰に負担をかけないようにして様子をみましょう。腰痛持ちの方はヘルニアなどで痛みが悪化し、神経障害を起こす可能性もあります。数カ月経っても改善されない場合は医師に相談を。

産後も骨盤ベルトを使用して腰を安定させたほうがよいですが、締め付けすぎないようにしてください。寝る時は抱き枕やクッションを使って、楽な姿勢で横になってください。しばらくは重い物を持ったり、腰を冷やさないように注意しましょう。産後2~3カ月しても改善されない場合は、整骨院や腰痛専門医を受診してみてください。(産科・婦人科看護師)
妊娠前から腰の悪い方は、妊娠中にヘルニアとなり悪化する可能性もあります。背中を反らした無理な体勢で赤ちゃんの体重もかかるのは、腰にとってはかなりの負担です。足のしびれや痛み、筋力が弱くなっているという症状はありませんか?これらが見られる場合は神経障害が起こっている証拠なので、是非専門医を受診しご相談されることをお勧めします。(一般内科看護師)

出産直後は骨盤の緩みで上手く歩けませんが、徐々に戻ります。普段よりなるべく腰に負担がかからないよう心がけ、それでも腰痛が治まらない場合は専門医を受診しましょう。


2015/03/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)