切迫流産

切迫流産のなりやすさは、体質と関係ありますか?

自分の周りに切迫流産を経験している人がいると「自分も流産するのでは?」と不安を抱いてしまうかもしれません。切迫流産は何が原因で起こるのでしょうか。体質とは関係あるのでしょうか。ここでは、切迫流産の原因や対策について説明します。

切迫流産の原因となり得る病気
切迫流産とは、妊娠が継続されているけれども、お腹の張りや出血など流産を疑う兆候がある状態をいいます。
流産は、妊娠12週未満の時期に起こる早期流産と、妊娠12週から妊娠22週未満で起こる後期流産に分けられます。流産の約80%が早期流産で、原因の多くは染色体などに異常があることと考えられています。つまり、妊娠中の生活が直接的に影響することで早期に流産する可能性は低いといえるのです。これに対して後期流産は、病気や過度なストレス、疲労など母体側の原因で起こる可能性もあります。


〇染色体異常
妊娠12週未満の流産のほとんどが胎児の染色体異常です。染色体異常があると、それ以上は正常に育つことができず、こうした妊娠初期の段階で自然に流産となります。
20代の流産が10%以下なのに対して、40歳以上は50%以上となっています。これは、妊婦の年齢が高くなると染色体異常を起こす確率が高くなるためです。

〇子宮筋腫(きんしゅ)や子宮の異常
子宮の中に筋腫ができたり、重複子宮や双角子宮、中隔子宮などと呼ばれる、子宮の形そのものに異常があったりすることがあります。これによって、子宮の中で胎児が育つことができません。

〇絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)
感染症のひとつです。子宮内の赤ちゃんは卵膜という膜に包まれています。この卵膜は、脱落膜、絨毛膜、羊膜の3つの膜でできています。このうち絨毛膜と羊膜が細菌感染を起こし、炎症が起きているものを「絨毛膜羊膜炎」といいます。膣に細菌が感染し炎症を起こした状態を細菌性膣炎といいますが、細菌感染がここにとどまらずに、子宮頸管や絨毛膜、羊膜に達すると絨毛膜羊膜炎を発症します。最終的には胎児にまで感染し、流産や死産を引き起こすリスクもあります。

〇多胎妊娠
双子や三つ子を妊娠した場合、流産の確率は高くなります。

〇子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)
子宮頸管無力症とは、子宮頸管の組織が弱く、流産や早産を引き起こしてしまうものです。早産は、正期産の週数に入る前に分娩となってしまうものです。子宮頸管無力症のはっきりとした原因は分かっておらず、原因不明の早産の場合に子宮頸管無力症が疑われます。子宮頸管無力症になると、自覚がないうちに赤ちゃんの出口である子宮口がどんどん開いていき、切迫早産や早産、流産になります。

切迫流産の予兆
切迫流産の兆候としては、お腹の張りや腹痛、出血などが挙げられます。しかし、これらがあったからといって必ず流産になるということではありません。とくにお腹の張りは妊娠中期以降にはよくみられるもので、休んで治まるようであれば心配ないでしょう。しかし、横になって休んでもお腹の張りが続いたり、痛みや出血などの症状があったりする場合にはすぐに病院を受診しましょう。

第1子が切迫流産だった場合は、次の子もそうなる可能性がある?

早期流産に関しては、お伝えしたように染色体などに異常があることがほとんどです。次も流産する可能性が高いとはいえません。
一方、後期流産や早産は、先にお話しした絨毛膜羊膜炎や子宮頸管無力症などの病気が関係していることがあり、第2子以降も繰り返すリスクがあります。ですから、第1子のときにそのリスクがあることが判明した場合は、妊娠がわかったときに必ず主治医にそのことを伝え、指示に従うようにしましょう。
ただ、切迫流産や切迫早産には、仕事のストレスや疲労が関係していることもあります。初産のときに切迫流産や切迫早産だった人に限らず、状況が許すかぎり身体に負担のない生活を心がけ、可能な場合は家事や上の子の育児を他の家族や周囲の人に助けてもらうことも大事です。

切迫流産と診断された場合の対処法

胎児が生存していて、子宮の収縮や性器出血、子宮口が開いている、子宮頸管が短縮している、胎胞が膣内に出てきているといった状態が認められた場合に、切迫流産と診断されます。
過去に何度も流産を繰り返している場合は不育症と診断され、血液検査の結果などを見て、必要があれば投薬などで治療します。
切迫流産と診断された場合は、基本的には安静が必要です。ただし、一言で安静といっても自宅での安静なのか、入院が必要なのか、病院でベッドからまったく動かず横になっていなければならないのかは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの状態によって異なります。妊娠経過の途中で切迫流産と診断されると「赤ちゃんは大丈夫?」「これから毎日ずっと横になって生活しなければならないの?」など心配になることでしょう。けれども、医師の指示に従って一定の期間を安静に過ごし、状態が改善されればまた動くことができるようになります。「今は自分にとっても赤ちゃんにとっても休息の時間が必要なんだ」と気持ちを切り替え、無事に出産を迎えて赤ちゃんを抱っこできるように、しっかり休むようにしましょう。

切迫流産を防ぐために、日常生活での注意点

繰り返しになりますが、妊娠12週までの流産は母体側に原因がないことが多いので、これを予防するのは難しいといえます。
一方、妊娠12週以降の切迫流産は、妊婦さんの生活習慣による疲労やストレスで引き起こされることもあるので、基本的には無理のない生活を送ることが大切です。妊婦健診などで母子ともに状態が良ければ、仕事や家事などを行っても問題ありませんし、ウォーキングや散歩などの適度な運動を無理のない範囲で行うことは、健康な妊娠生活を送るために必要といえます。
ただし、旅行などの遠出、中でも飛行機に乗ることや海外旅行をすることはおすすめできません。体調が変化したときにすぐに対処できないからです。どうしても出かけなければいけないときは主治医の判断を仰ぐようにしましょう。

執筆者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

参考文献
日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会 産婦人科 診療ガイドライン2017
公益社団法人 日本産科婦人科学会 流産・切迫流産
富山大学 産科婦人科学教室 米田 哲 切迫早産/早産の診断と管理
日本医科大学多摩永山病院女性診療科医局のホームページ


2018/12/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ