おりもの

2017/01/20

排卵前後に水っぽいおりものが…数日で戻るけど問題ない?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

排卵前後に水っぽいおりものが…数日で戻るけど問題ない?

女性の身体はとてもデリケートです。今回は30代の女性からの相談で、排卵日前後におりものが水っぽくなると悩んでいます。いったい何が原因なのでしょうか。専門家に聞いてみました。

おりものについての相談:「水っぽいおりものの原因は?」

ここ数カ月ほど、排卵の前後と思われる時期に水っぽいサラサラしたおりものが出るようになりました。急に出てくるので、一瞬尿漏れかと心配になるくらいです。下着がしっかり濡れる程の量が出て、数年前には無かった症状なので、子宮などに異常があるのではと心配です。どのような原因が考えられますか。常に水っぽいわけではなく、数日するといつもの粘着力のあるおりものに変わります。色は無色です。(30代・女性)

ホルモンの影響で排卵前後に水っぽくなることも。数日で終わるなら問題なし

排卵の前後は、ホルモンの関係でおりものが水っぽくなることがあるようです。数日で粘着性のあるおりものに変わるなら、経過を見ていて心配ないとの声が寄せられました。

一般的に排卵期になると、量が増えて卵白のようなおりものになります。透明~白っぽいものでサラサラしていれば排卵が起きていると考えられ、問題ありません。おりものが多い時はおりものシートを使用して、陰部が不潔にならないようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
排卵前後に水っぽいおりものになることは異常ではなく、ホルモンの影響が大きいです。そのため数日経つといつもの粘着性のあるものに変わってくると思いますし、経過を見て問題ないものです。ストレスを溜めると茶色のおりものが出ることもありますが、この場合は休息を十分に取るなどの対応で構いません。日頃から規則的な生活を心掛けて、食事や運動習慣についても意識してください。(循環器内科看護師)

色や臭いの変化に注意を。痛みや痒みがあればすぐに受診して

おりものの色や形状、臭い等に変化があるようなら注意が必要です。痛みや痒みがある時は、婦人科に行きましょう。

色が黄色~緑色だったり、白くポロポロしたもの、痒みや異臭を伴うものは、感染や炎症が考えられます。排卵期に血液が混ざったおりものがあっても、少量で2~3日で治まるなら心配ないです。排卵期以外で血液が混じっている場合、妊娠していなければ不正出血と考えられます。排卵期以外でもサラサラしたおりものが続く場合は、無排卵が考えられます。生理周期とおりものの変化は、基礎体温を測ると把握できます。(産科・婦人科看護師)
おりものの色が黄色や緑色に変化したり、ぼそぼそとしたカスが出たり、臭いがきつくなった場合は、体内で異常が起きていることが考えられます。おしっこをする時に痛みがある、腰や下腹部が痛い、痒みを伴うような症状が現れた際には、何かの感染症に罹っている可能性があります。その場合は、早めに婦人科を受診してください。(循環器内科看護師)

排卵前後におりものが水っぽくなるのは、ホルモンが原因のようです。おりものシートなどで清潔に保ち、色や臭いに異常があれば注意が必要です。痛みや痒みがある場合は、すぐに病院を受診しましょう。日頃からストレスケアを心掛け、規則正しい生活を送りましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加