おりもの

これって病気?おりものの量や色、臭いが気になる!

おりものは、体調のバロメータの一つです。自分のおりものに異常があることに気が付き、不安に感じている女性から相談がありました。看護師さんは、どのように答えているでしょうか。

おりものについての相談:「昔からおりものの量が多く、色も緑がかっています。これは何かの病気なのでしょうか」

昔からおりものの量が多く、おりものシートでは受け止めきれず、ショーツを汚す事がよくあります。量が気になる時は、念のため生理用の小さめのナプキンを使う時もあります。色は濃い黄色から少し緑がかっていて、臭いもつんとした嫌な臭いがします。生まれつきの体質だと思っていたのですが、ネットでおりもの量や色、臭いが標準と違うのを知って不安になりました。病気や体質異常の可能性があるのでしょうか?(30代・女性)

色のついたおりものは、感染症の可能性も

緑や黄色など色がついている場合は、感染症の疑いもあるので受診を検討した方がいいようです。

一般的なおりものは、少し酸味がかった臭いで、透明~白っぽいです。時間の経過で黄色く変色する場合もありますが、常に黄色や緑色で異臭があるようでしたら、感染や炎症を疑います。痒みや熱などはありませんか?自己免疫力で改善されることもありますが、常にこのようなおりものでしたら、一度病院を受診した方がいいでしょう。(産科・婦人科看護師)
おりものの色が緑や黄色味を帯びているのは、確かに心配です。おりものの色は、本来であれば無色あるいは乳白色であるのが通常です。これに緑や黄色の色がついているということは、身体の中で何らかの異常な状態が起きている可能性があります。その例として、細菌感染などによる膣炎が考えられます。(看護師)
おりものの量には個人差がありますが、身体に入った異物を体外に洗い流そうとする反応があると量が多くなるため、量よりも色が重要です。臭いについては元々が酸性ですので、つんとした臭いは必ずしも異常ではありません。細菌感染などを起こしている場合は、臭いに影響することもあります。一度婦人科で相談することをお勧めします。(看護師)

陰部の清潔を心掛けて

おりものシートはこまめに取り替えるなど、清潔を保って感染症を防ぐためのポイントについてアドバイスしてくれました。

性行為がなくても膣は肛門に近いため、大腸菌などに感染しやすい部分です。また、雑菌は3時間を経過すると繁殖すると言われていますから、おりものシートを使ってもこまめに取り換えなければ感染することがあります。排尿や排便の後は、ウォシュレットやお尻ふきシートで陰部を清潔にしてください。お尻を拭く時は、前から後ろに向かって拭いてください。(産科・婦人科看護師)

一般的にはおりものは透明から白っぽい色をしており、黄色や緑色の場合は感染症を疑うようです。そのため、おりものに色がついている場合は婦人科を受診してください。また、感染を防ぐために陰部は清潔に保つよう心掛けましょう。


2017/01/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)